HOME > 2枚目 > 法人カード >

 

シナジーJCB法人カードはガソリン代の値引きで経費削減できる事業用クレジットカード

シナジーJCB法人カードは、法人・個人事業主限定の事業用クレジットカードです。

JCBとJXTGエネルギー株式会社が提携して発行しており、月間のカード利用額に応じて、エッソ・モービル・ゼネラルのサービスステーションでの給油時に値引きを受けることができます。

月間300リットルまで値引き

シナジーJCB法人カードでのガソリン代の値引単価は、前月のカード利用額に応じて決定されます。

前月のカード利用額と当月の値引単価は以下の通りです。


  • 前月7万円以上のカード利用で当月7円/L引き
  • 前月7万円未満のカード利用で当月5円/L引き
  • 前月5万円未満のカード利用で当月3円/L引き
  • 前月2万円未満のカード利用で当月2円/L引き
  • 前月1万円未満のカード利用で当月1円/L引き

1円/L引きだと、あまり魅力を感じません。でも、7円/L引きだと毎月のガソリン代の節約に大きく貢献してくれます。

社用車を使う機会が多い経営者や個人事業主の方だと、月間100リットル以上の給油は珍しくありません。仮に月間100リットルのガソリンを給油した場合、700円の交通費の削減となり、年間だと8,400円も節約できます。

値引きの対象となる給油量は、月間300リットルまでです。したがって、最大値引額は、月間2,100円、年間25,200円です。

これだけガソリン代を節約できれば、事業の経費削減に大いに貢献してくれますね。

7円/L引きが適用されるためには、前月に7万円以上のカード利用が必要ですが、給油代はもちろんのこと、水道代、ガス代、電気代、電話代などの公共料金も、シナジーJCB法人カードで支払うようにすれば達成できない金額ではありません。

経費決済の一元化のために事業用の支出をシナジーJCB法人カードで行うようにすれば、深く意識しなくても月間7万円のカード利用の条件をクリアできるでしょう。

複数枚のETCスルーカードNを発行可能

事業規模が拡大してくると、2台、3台と複数の社用車を所有するようになります。その場合には、ETCカードも複数枚必要になりますが、シナジーJCB法人カードの会員は、年会費無料で複数枚のETCスルーカードNを発行できます。

また、走行日、利用区間、金額などの利用代金の明細は、インターネットサービスの「JCB E-Co明細(イーコメイサイ)サービス」で手軽に確認できます。

スピードパスで給油時間を短縮

シナジーJCB法人カードの会員は、端末にかざすだけで給油代金の精算が完了するキーホルダー型のスピードパスに無料で申し込めます。

車のキーにスピードパスを付けておけば、サービスステーションでクレジットカードを出す手間なく給油できるので、急いでいる時には時間の節約に貢献してくれます。

端末にかざすだけで給油できると、盗難や紛失時にスピードパスを悪用した給油ができるので不安だと感じると思います。でも、スピードパスは60万円までの補償が付いているので安心です。紛失に気付いた時に速やかにカード会社に連絡すれば、不正利用の損害を被る危険性が低くなります。

シナジーJCBカードClub Offで会員限定優待サービスを受けられる

シナジーJCB法人カードの会員は、シナジーJCBカードClub Offで様々な優待サービスを受けることができます。

国内外に20万ヶ所以上の優待施設が用意されており、宿泊だと最大90%OFFで泊まることができ、出張旅費の節約に役立ちます。また、多くのレジャー施設でも優待特典が用意されているので、従業員の福利厚生にも利用しやすくなっています。

旅費や宿泊費を割引

シナジーJCB法人カードの会員には、急な出張時にパソコンで簡単に航空券予約できる法人精算方式のチケットレスサービスも提供されており、航空券を専用割引運賃で手配可能です。

また、国内宿泊施設のオンライン予約ができるリクルート運営のじゃらんnetでは、宿泊プランを通常よりも安く予約可能なので出張時の宿泊費も軽減できます。

東京と大阪間の移動が多い方なら、年会費1,000円(税別)の追加でJR東海エクスプレス予約サービスも利用できます。

旅行傷害保険は付帯していない

シナジーJCB法人カードには、海外旅行傷害保険も国内旅行傷害保険も付帯していません。

ガソリン代を節約できるクレジットカードを検討されている事業主の方は、基本的に自動車での移動が多いと思いますから、旅行傷害保険はそれほど重要ではないかもしれません。しかし、航空機での国内出張や海外出張も多いという方は、別に旅行傷害保険が付帯したビジネスカードも持っておく方が無難です。

初年度年会費が無料

シナジーJCB法人カードは、年会費が2,000円(税別)必要ですが、初年度は無料です。

旅行傷害保険が付帯していないので、年会費がやや割高に感じますが、年間に節約できるガソリン代は年会費よりも相当高額ですから、それほど維持費用が負担に感じることはないでしょう。

社用車を使うことが多いビジネスオーナーの方は、給油代の節約ができるシナジーJCB法人カードの申込みを検討されてはいかがでしょうか?

シナジーJCB法人カードの基本情報

国際ブランド
  • JCB
年会費 初年度会費無料
2年目以降2,000円(税別)
使用者追加1名ごとに2,000円(税別)必要。初年度会費は無料。
給油値引 エッソ・モービル・ゼネラルの加盟SSでの給油で値引きを受けることができます。
当月の給油値引額は、前月のカード利用額に応じて決定され、翌月の請求時に値引きされます。

カードショッピング額と値引額
  • 7万円以上
    7円/L引き
  • 7万円未満
    5円/L引き
  • 5万円未満
    3円/L引き
  • 2万円未満
    2円/L引き
  • 1万円未満
    1円/L引き

※ENEOSサービスステーションでは、ガソリン・軽油値引きの特典は受けられません。
※値引対象給油量は、ガソリン・給油合計でカード使用者あわせて月間300Lまでです。
※エッソ・モービル・ゼネラルコーポレートカードでの給油は値引対象外です。
※灯油は値引対象外です。
スピードパス 端末にタッチするだけで精算完了できるキーホルダーを年会費も入会費も無料で申込むことができます。
入会と同時に60万円限度の盗難補償に自動加入。連絡した日の60日前から3日後までの不正利用の損害が補償されます。
シナジーJCBカードClub Off 国内宿泊、海外宿泊、レジャー、スポーツ、ショッピング、育児・介護サービスが優待価格で利用できます。
優待対象施設は国内外に20万ヶ所以上用意されています。
MyJCB カード利用代金明細の照会をはじめ、オンライン上で様々な手続きが行えるサービスです。
JCB E-Co明細(イーコメイサイ)サービス ETCスルーカードNの走行日・利用区間・金額をオンラインで確認できる法人会員専用のサービスです。
ショッピング
ガード保険
海外でのカード利用で購入した品物を購入日から90日間、破損や盗難などの損害を補償。
最高補償額100万円
自己負担額1万円
ETCスルーカードN 1枚のJCB法人カードに対して、複数枚のETC専用ICカードを年会費無料で発行可能。
ETCスルーカードNの走行日・利用区間・金額をインターネットで確認できます。
航空券割引 パソコンで簡単に専用割引運賃で航空券予約ができる法人精算方式のチケットレスサービスを利用可能。
JR東海エクスプレス予約サービス 東海道新幹線(東京~新大阪間)のネット予約、チケットレスサービス「JR東海エクスプレス予約サービス」を利用できます。
年会費1,000円(税別)
じゃらんコーポレートサービス じゃらんnetで提供している宿泊施設情報、宿泊プランの他、通常の宿泊プランよりもさらに安価な限定プランを提供。
ビジネス
サポート
ビジネスの効率化、コストダウンをサポートする様々なサービスを提供。
オフィス用品を特別価格で購入できるタスカリマックス、事務用品をインターネット注文できるアスクルサービス、JCBタクシーチケットなど。
エンターテインメント JCBトラベル、福利厚生倶楽部といったサービスを利用できます。
追加カード 以下のカードを追加できます。
  • ETCスルーカードN:無料
  • エッソ・モービル・ゼネラルコーポレートカード:96円(税別)
申込み(公式HP) -