HOME > 2枚目 > 法人カード >

 

ANA JCB法人カード ワイドゴールドカードは国内出張でも海外出張でも経費削減に貢献してくれる事業用のゴールドカード

ANA JCB法人カード ワイドゴールドカードは、法人または個人事業主限定の事業用クレジットカードで、ANA JCB法人カード ワイドカードのゴールド券面です。

全日空とJCBが提携して発行している法人用のANAカードで、ANA JCB法人カード ワイドカードにゴールドカードの特典が付帯したワンランク上の事業用クレジットカードとなっています。

フライトでボーナスマイルが上乗せ

ANA JCB法人カード ワイドゴールドカードは、全日空でのフライトでフライトマイルが積算されます。

出張で全日空に搭乗する法人代表者や個人事業主の方にとっては、出張旅費を少しでも節約するためにマイルは貯めておきたいですね。貯まったマイルは、特典航空券との交換ができます。年間に何度も全日空を利用して出張に出かけていれば、特典航空券に交換できるだけのマイルを獲得できていると思います。

ANA JCB法人カード ワイドゴールドカードだと、通常のフライトマイルに加えて区間ごとの割り増しボーナスマイルが25%積算されます。ANA JCB法人カード 一般カードの割り増しボーナスマイルが10%ですから、ワイドゴールドカードの方が、フライトでより多くのマイルを獲得しやすくなっています。

また、ANA JCB法人カード ワイドゴールドカードは、入会時と毎年のカード継続時に2,000マイルのボーナスマイルがプレゼントされます。一般カードの場合は1,000マイルですから、ワイドゴールドカードの方が2倍多くのマイルを毎年の継続時に獲得可能です。

他にANAカードマイルプラス加盟店でのカード利用でも、100円または200円ごとに1マイルが積算されます。出張時の経費の支払いには、できるだけANA JCB法人カード ワイドゴールドカードを使うようにすれば、細かい経費の削減にもなりますね。

ビジネスきっぷでもマイルが貯まる

ANA JCB法人カード ワイドゴールドカードの会員は、出張の際にお得な割引運賃が適用される「ビジネスきっぷ」も利用できます。

ビジネスきっぷでも、ANAマイルが100%貯まりますから、出張時にはビジネスきっぷを利用できるかどうか必ず確認しておきましょう。

通常のカード決済ではポイントが貯まる

ANA JCB法人カード ワイドゴールドカードを事業上の経費の支払いに利用した場合、1,000円ごとにOki Dokiポイントが1ポイント貯まります。

貯まったポイントは、各種商品や他社ポイントと交換可能ですが、ANAマイルへ移行するのがおすすめです。

Oki Dokiポイントは1ポイントが約5円の価値なので、ポイント還元率は約0.5%です。でも、Oki DokiポイントをANAマイルに移行する場合は、1ポイントが10マイル換算なので、実質的に100円のカード利用で1マイル積算となります。

他社のポイントだと、2ポイントを1マイル換算ということが多いですから、ANA JCB法人カード ワイドゴールドカードのマイル移行率は優秀です。

ただし、1ポイントを10マイルに移行できるのは、通常のカード利用で貯まるポイントだけです。キャンペーンなどでもらったボーナスポイントの場合は、1ポイントが3マイル換算です。

一般カードやワイドカードは、Oki DokiポイントをANAマイルに移行する場合、手数料が年間5,000円(税別)必要です。ところがANA JCB法人カード ワイドゴールドカードの場合は移行手数料の負担なくポイントをマイルに移行可能です。

複数枚のETCスルーカードNを発行可能

日常業務で社用車を使うことが多い会社や個人事業主の方だと、事業規模の拡大に伴って2台、3台と複数の社用車を所有するようになります。その場合には、ETCカードも複数枚必要になりますが、ANA JCB法人カード ワイドカードの会員は、年会費無料で複数枚のETCスルーカードNを発行できます。

また、走行日、利用区間、金額などの利用代金の明細は、インターネットサービスの「JCB E-Co明細(イーコメイサイ)サービス」で手軽に確認できます。

旅費や宿泊費を割引

ANA JCB法人カード ワイドゴールドカードの会員には、急な出張時にパソコンで簡単に航空券予約できる法人精算方式のチケットレスサービスも提供されており、航空券を専用割引運賃で手配可能です。

また、国内宿泊施設のオンライン予約ができるリクルート運営のじゃらんnetでは、宿泊プランを通常よりも安く予約可能なので出張時の宿泊費も軽減できます。さらにJTBの「国内宿泊オンライン予約」を利用してカード決済した場合には、ポイント還元率が最大5倍になります。海外出張の場合には、「海外ホテルオンライン予約」を利用しカード決済した場合にポイント還元率が最大12倍と大変お得になっています。

東京と大阪間の移動が多い方なら、年会費1,000円(税別)の追加でJR東海エクスプレス予約サービスも利用できます。

空港ラウンジを利用できる

ANA JCB法人カード ワイドゴールドカードは、多くのゴールドカードと同じように国内の主要空港のラウンジを無料で利用できます。

全日空での出張が多いビジネスパーソンにとっては、空港での待ち時間を有意義に使えますね。

海外旅行傷害保険は最高1億円の補償

ANA JCB法人カード ワイドゴールドカードには、海外旅行傷害保険が付帯しています。適用条件は何らの手続きも必要としない自動付帯です。

補償内容は、傷害・疾病治療費用が最高200万円、賠償責任が最高3,000万円、携行品損害が最高50万円、救援者費用が最高200万円となっています。

また、傷害死亡・後遺障害は5,000万円の補償ですが、ANA航空便利用時は最高1億円の補償となっています。

国内旅行傷害保険は2種類

ANA JCB法人カード ワイドゴールドカードには、国内旅行傷害保険も付帯しています。

付帯条件は自動付帯と利用付帯の2種類あります。

自動付帯は航空機搭乗中のケガが補償されます。

また、事前に旅費などをANA JCB法人カード ワイドゴールドカードで支払った場合には、宿泊中やツアー参加中のケガによる損失も補償されます。

どちらも、傷害死亡・後遺障害の補償額は最高5,000万円、通院日額は2,000円です。入院日額に関しては、航空機搭乗中のケガが1万円、その他のケガが5,000円になっています。

ショッピングガード保険は最高500万円

ANA JCB法人カード ワイドゴールドカードに付帯してるショッピングガード保険は、最高補償額が500万円です。

国内でも海外でもカードで購入した商品に90日以内に損害が発生した場合に補償を受けることができます。自己負担額も3,000円と低く、万が一の商品の破損や盗難の際には、その損害を大幅に軽減可能です。

年会費は高め

ANA JCB法人カード ワイドゴールドカードは、年会費が19,000円(税別)必要です。

追加カードは1枚につき4,000円(税別)です。

他のゴールドカードの年会費が1万円程度なので、ANA JCB法人カード ワイドゴールドカードの年会費は約2倍と割高に感じます。

でも、ポイントをマイルに移行する場合の移行手数料5,000円(税別)が無料になりますから、それを考慮すると、やや高いと感じる程度の年会費と言えます。

全日空に搭乗して出張に出かける機会が多い法人代表者や個人事業主の方なら、ANA JCB法人カード ワイドゴールドカードは出張旅費の削減に貢献してくれるでしょう。

ANA JCB法人カード ワイドゴールドカードの公式サイト

ANA JCB法人カード ワイドゴールドカードの基本情報

国際ブランド
  • JCB
年会費 19,000円(税別)
使用者追加1名ごとに4,000円(税別)必要。
マイル積算 ANAグループ会社をはじめスターアライアンス加盟航空会社など提携航空会社の搭乗でANAマイルが貯まります。
  • ご入会ボーナスマイル
    2,000マイル
  • ご継続ボーナスマイル
    2,000マイル
  • フライトマイル
    通常のフライトマイルに加え、区間ごとの割り増しボーナスマイルをプレゼント。
    区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%。
  • ANAカードマイルプラス
    ANAカードマイルプラス加盟店でANAカードで支払うと、100円または200円(税込)ごとに1マイルが貯まります。
ビジネスきっぷ ANAカード会員専用の便利でお得な割引運賃が用意されています。
搭乗当日まで予約・変更が可能。
マイルが100%貯まります。
国内線全路線で利用可能。
マイル
有効期限
ANAマイルは利用月から数えて36ヶ月後の月末まで有効(最長3年)。
ポイント還元 毎月の利用合計金額1,000円(税込)ごとにOki Dokiポイントが1ポイント貯まります。
JCBトラベル提携オンライン予約サービスを利用して旅行代金を支払うとポイント還元率最大12倍。
1ポイントは約5円の価値。
ポイントのマイル移行
  • 通常ポイント
    1ポイント→10マイル
    1ポイント以上1ポイント単位
  • ボーナスポイント
    1ポイント→3マイル
    500ポイント以上1ポイント単位
ポイント
有効期限
獲得月より2年
MyJCB カード利用代金明細の照会をはじめ、オンライン上で様々な手続きが行えるサービスです。
JCB E-Co明細(イーコメイサイ)サービス ETCスルーカードNの走行日・利用区間・金額をオンラインで確認できる法人会員専用のサービスです。
海外旅行
傷害保険
海外旅行傷害保険は自動付帯です。
  • 傷害死亡・後遺障害:5,000万円、ANA航空便利用は最高1億円
  • 傷害治療費用:最高200万円
  • 疾病治療費用:最高200万円
  • 賠償責任:最高3,000万円
  • 携行品損害:最高50万円
  • 救援者費用:最高200万円
国内旅行
傷害保険
(航空機搭乗中)
日本国内線において乗客として航空機を利用中にケガを被った場合に補償されます。自動付帯。
  • 傷害死亡・後遺障害:最高5,000万円
  • 入院日額:1万円
  • 通院日額:2,000円
  • 手術保険金:最高40万円
国内旅行
傷害保険
(利用付帯)
公共交通乗用具に乗客として搭乗している間、旅館・ホテル等に宿泊客として滞在している間、宿泊を伴う募集型企画旅行に参加している間、にケガを被った場合に補償されます。利用付帯。
  • 傷害死亡・後遺障害:最高5,000万円
  • 入院日額:5,000円
  • 通院日額:2,000円
  • 手術保険金:最高20万円
ショッピング
ガード保険
国内、海外でのカード利用で購入した品物を購入日から90日間、破損や盗難などの損害を補償。
最高補償額500万円
自己負担額3,000円
JCBトラベル Oki Dokiトクトクサービス JCBトラベルデスクへ電話にて対象の国内・海外パッケージツアーを申し込み、ゴールド法人カードで旅行代金を支払うと、Oki Dokiポイントが3~7倍還元。カード会員が旅行に参加しなくてもサービスを利用できます。
国内宿泊オンライン予約 JCBトラベル提携オンライン予約サービスでJTBの「国内宿泊オンライン予約」を予約し、ゴールド法人カードで旅行代金を支払うと、Oki Dokiポイントが5倍還元。
海外ホテルオンライン予約 JCBトラベル提携オンライン予約サービスでアップルワールドまたはJHCの「海外ホテルオンライン予約」を予約し、ゴールド法人カードで旅行代金を支払うと、Oki Dokiポイントが12倍還元。
手荷物無料宅配券(片道)サービス JCBトラベルデスクで1組の基本旅行代金総額が50,000円以上の「JCBトラベル Oki Dokiトクトクサービス」対象の海外パッケージツアーに申し込み、ゴールド法人カードで旅行代金を支払うと、手荷物無料宅配券片道分(空港から自宅)を1組につき1枚プレゼント。
空港ラウンジサービス 国内の主要空港に加え、ダニエル・K・イノウエ国際空港の空港ラウンジが年中無休・無料で利用できます。ドリンクサービスや雑誌の閲覧などのサービスがあります。
ゴルフエントリーサービス 全国約1,200ヶ所の有名ゴルフ場のプレー予約を法人デスクで代行。予約手数料無料。
会員情報誌「JCB THE PREMIUM」 ゴールド会員限定の情報誌「JCB THE PREMIUM」を毎月購読できます。
京爛漫 京情緒が味わえる情報が満載のJCBオリジナルガイドブック「京爛漫」を購読できます。京都ならではの趣あるお店の紹介、JCBおすすめの旅館、飲食店、名品店での優待。
健康サービス 人間ドックサービス、24時間・年中無休で健康や介護、育児などに関する相談を受けれるドクターダイレクト24、健康チェックサービスが付帯しています。
ETCスルーカードN 1枚のJCB法人カードに対して、複数枚のETC専用ICカードを年会費無料で発行可能。
ETCスルーカードNの走行日・利用区間・金額をインターネットで確認できます。
航空券割引 パソコンで簡単に専用割引運賃で航空券予約ができる法人精算方式のチケットレスサービスを利用可能。
JR東海エクスプレス予約サービス 東海道新幹線(東京~新大阪間)のネット予約、チケットレスサービス「JR東海エクスプレス予約サービス」を利用できます。
年会費1,000円(税別)
じゃらんコーポレートサービス じゃらんnetで提供している宿泊施設情報、宿泊プランの他、通常の宿泊プランよりもさらに安価な限定プランを提供。
ビジネス
サポート
ビジネスの効率化、コストダウンをサポートする様々なサービスを提供。
オフィス用品を特別価格で購入できるタスカリマックス、事務用品をインターネット注文できるアスクルサービス、JCBタクシーチケットなど。
エンターテインメント JCBトラベル、福利厚生倶楽部といったサービスを利用できます。
追加カード 以下のカードを追加できます。
  • ETCスルーカードN:無料
申込み(公式HP) ANA JCB法人カード ワイドゴールドカード