HOME > 比較 >

 

シナジーJCB法人カードとシナジーJCBゴールド法人カードを比較。給油値引がお得になる月間給油量を知って事業にあったクレジットカードに申込み。

JCBの事業用クレジットカードには、エッソ・モービル・ゼネラルで給油値引を受けることができるシナジーJCB法人カードがあります。

また、同カードには、ゴールド券面のシナジーJCBゴールド法人カードもあります。

付帯保険と優待特典は、シナジーJCBゴールド法人カードの方が充実していますが、その分、年会費が高額です。そのため、営んでいる事業によっては、年会費の負担を考慮すると、シナジーJCB法人カードの方が経費の節約に貢献してくれる場合があります。

無駄な経費の負担を減らすためにも、両カードの特徴を比較して、事業に合ったクレジットカードに申込みたいですね。

年会費の比較

シナジーJCB法人カードとシナジーJCBゴールド法人カードの年会費は以下の通りです。

年会費の比較
券種 シナジー法人カード シナジーゴールド法人
年会費 2,000円(税別)
初年度会費無料
10,000円(税別)

シナジーJCBゴールド法人カードは、年会費が2,000円(税別)です。

シナジーJCBゴールド法人カードは、年会費1万円(税別)です。

シナジーJCBゴールド法人カードは他のゴールドカードと同じ程度の年会費ですが、シナジーJCB法人カードは一般的な事業用クレジットカードよりも年会費がやや高めです。

給油値引

カード利用額に応じて適用されるガソリンと軽油の給油値引は以下の通りです。

給油値引の比較
券種 シナジー法人カード シナジーゴールド法人
給油値引 エッソ・モービル・ゼネラルの加盟SSでの給油で値引きを受けることができます。
当月の給油値引額は、前月のカード利用額に応じて決定され、翌月の請求時に値引きされます。

カードショッピング額と値引額
  • 7万円以上
    7円/L引き
  • 7万円未満
    5円/L引き
  • 5万円未満
    3円/L引き
  • 2万円未満
    2円/L引き
  • 1万円未満
    1円/L引き

※ENEOSサービスステーションでは、ガソリン・軽油値引きの特典は受けられません。
※値引対象給油量は、ガソリン・給油合計でカード使用者あわせて月間300Lまでです。
※エッソ・モービル・ゼネラルコーポレートカードでの給油は値引対象外です。
※灯油は値引対象外です。
エッソ・モービル・ゼネラルの加盟SSでの給油で値引きを受けることができます。
当月の給油値引額は、前月のカード利用額に応じて決定され、翌月の請求時に値引きされます。

カードショッピング額と値引額
  • 7万円以上
    10円/L引き
  • 7万円未満
    8円/L引き
  • 5万円未満
    6円/L引き
  • 2万円未満
    5円/L引き
  • 1万円未満
    4円/L引き

※ENEOSサービスステーションでは、ガソリン・軽油値引きの特典は受けられません。
※値引対象給油量は、ガソリン・給油合計でカード使用者あわせて月間300Lまでです。
※エッソ・モービル・ゼネラルコーポレートカードでの給油は値引対象外です。
※灯油は値引対象外です。

両カードとも前月のカード利用額に応じて給油値引額が変動します。また、月間の値引の上限はガソリンと軽油の合計300リットルまでの給油です。

給油値引額は月間300リットルまで、シナジーJCBゴールド法人カードが常に1リットルに付き3円有利なので、最大で月間900円、年間10,800円の給油代節約になります。

したがって、社用車での移動が多く、毎月300リットル以上ガソリンを給油する個人事業主や法人代表者の方の場合、シナジーJCBゴールド法人カードに申込んだ方が経費削減になります。

付帯保険

シナジーJCB法人カードとシナジーJCBゴールド法人カードには各種保険が付帯していますが、両カードで補償内容に違いがあります。


まず、両カードに付帯してるショッピングガード保険を比較しましょう。

ショッピングガード保険の比較
券種 シナジー法人カード シナジーゴールド法人
補償内容 海外でのカード利用で購入した品物を購入日から90日間、破損や盗難などの損害を補償。
最高100万円
自己負担額3,000円
国内、海外でのカード利用で購入した品物を購入日から90日間、破損や盗難などの損害を補償。
最高補償額500万円
自己負担額3,000円

どちらも、補償期間は商品購入から90日間、自己負担額は3千円です。ただし、最高補償額は、シナジーJCB法人カードが100万円、シナジーJCBゴールド法人カードが500万円と大きく異なっています。

また、シナジーJCB法人カードは海外でのカード利用が補償対象ですが、シナジーJCBゴールド法人カードは国内も海外も補償対象となります。

高額な商品や備品の購入をすることが多い事業をされている方だと、シナジーJCBゴールド法人カードを持っていた方が良いでしょう。


次にシナジーJCBゴールド法人カードにだけ付帯している保険を見ていきましょう。

シナジーJCBゴールド法人カードだけの保険
海外旅行
傷害保険
海外旅行傷害保険は一部を除き自動付帯です。
  • 傷害死亡・後遺障害:自動付帯5,000万円、利用付帯5,000万円(最高1億円)
  • 傷害治療費用:最高300万円
  • 疾病治療費用:最高300万円
  • 賠償責任:最高1億円
  • 携行品損害:最高50万円(自己負担額3,000円)
  • 救援者費用:最高400万円
海外航空機
遅延保険
海外航空機遅延保険は自動付帯です。
  • 乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)
    最高2万円
  • 出航遅延費用等保険金(食事代)
    最高2万円
  • 寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)
    最高2万円
  • 寄託手荷物紛失費用保険金 (衣料購入費等)
    最高4万円
国内旅行
傷害保険
国内旅行傷害保険は自動付帯です。
  • 傷害死亡・後遺障害:最高5,000万円
  • 入院日額:5,000円
  • 通院日額:2,000円
  • 手術保険金:最高20万円
国内航空機
遅延保険
国内航空機遅延保険は自動付帯です。
  • 乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)
    最高2万円
  • 出航遅延費用等保険金(食事代)
    最高2万円
  • 寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)
    最高2万円
  • 寄託手荷物紛失費用保険金 (衣料購入費等)
    最高4万円

海外旅行傷害保険は、カード会員であるだけで適用される自動付帯なので利便性が高いです。

傷害・疾病治療費用は最高300万円、携行品損害は最高50万円、救援者費用が最高400万円、賠償責任が最高1億円と手厚い補償内容となっているので、海外出張中に不測の事態が発生しても損害額の軽減に役立ちます。

国内旅行傷害保険は、入院日額は5千円、通院日額は2千円と他のクレジットカードの補償額と同程度ですが、自動付帯というメリットがあります。

また、航空機遅延保険も自動付帯で、国内も海外も、最高4万円の補償となっています。

付帯サービス

シナジーJCB法人カードとシナジーJCBゴールド法人カードで共通しているサービスは以下の通りです。

共通するサービス
スピードパス 端末にタッチするだけで精算完了できるキーホルダーを年会費も入会費も無料で申込むことができます。
入会と同時に60万円限度の盗難補償に自動加入。連絡した日の60日前から3日後までの不正利用の損害が補償されます。
シナジーJCBカードClub Off 国内宿泊、海外宿泊、レジャー、スポーツ、ショッピング、育児・介護サービスが優待価格で利用できます。
優待対象施設は国内外に20万ヶ所以上用意されています。
JCB E-Co明細(イーコメイサイ)サービス ETCスルーカードNの走行日・利用区間・金額をオンラインで確認できる法人会員専用のサービスです。
ETCスルーカードN 1枚のJCB法人カードに対して、複数枚のETC専用ICカードを年会費無料で発行可能。
ETCスルーカードNの走行日・利用区間・金額をインターネットで確認できます。
航空券割引 パソコンで簡単に専用割引運賃で航空券予約ができる法人精算方式のチケットレスサービスを利用可能。
JR東海エクスプレス予約サービス 東海道新幹線(東京~新大阪間)のネット予約、チケットレスサービスJR東海エクスプレス予約サービスを利用できます。
年会費1,000円(税別)
じゃらんコーポレートサービス じゃらんnetで提供している宿泊施設情報、宿泊プランの他、通常の宿泊プランよりもさらに安価な限定プランを提供。
ビジネス
サポート
ビジネスの効率化、コストダウンをサポートする様々なサービスを提供。
オフィス用品を特別価格で購入できるタスカリマックス、事務用品をインターネット注文できるアスクルサービス、JCBタクシーチケットなど。
エンターテインメント JCBトラベル、福利厚生倶楽部といったサービスを利用できます。

給油の際は、キーホルダーを端末にタッチするだけで精算が完了するスピードパスが便利です。年会費無料で持つことができ、盗難補償も付帯しています。

航空機を利用して出張に出かける場合には、専用割引運賃で航空券予約をできます。

また、泊りがけでの出張の際は、じゃらんコーポレートサービスを利用すれば、安価な限定プランで宿泊が可能です。加えて、シナジーJCBカードClub Offでは、20万ヶ所以上の優待施設で、宿泊、レジャー、スポーツ、ショッピングなどを優待価格で利用できます。

他にビジネスの効率化やコストダウンをサポートするサービスやオフィス用品を特別価格で購入できるサービスも用意されているので、経費削減にも役立ちます。


シナジーJCBゴールド法人カードだけのサービスは以下の通りです。

シナジーJCBゴールド法人カードのサービス
空港ラウンジサービス 国内の主要空港に加え、ダニエル・K・イノウエ国際空港の空港ラウンジが年中無休・無料で利用できます。ドリンクサービスや雑誌の閲覧などのサービスがあります。
ゴルフエントリーサービス 全国約1,200ヶ所の有名ゴルフ場のプレー予約を法人デスクで代行。予約手数料無料。
会員情報誌「JCB THE PREMIUM」 ゴールド会員限定の情報誌「JCB THE PREMIUM」を毎月購読できます。
京爛漫 京情緒が味わえる情報が満載のJCBオリジナルガイドブック「京爛漫」を購読できます。京都ならではの趣あるお店の紹介、JCBおすすめの旅館、飲食店、名品店での優待。
健康サービス 人間ドックサービス、24時間・年中無休で健康や介護、育児などに関する相談を受けれるドクターダイレクト24、健康チェックサービスが付帯しています。

取引先との接待ゴルフには、ゴルフエントリーサービスを利用すれば、有名ゴルフ場でのプレー予約が可能です。

また、航空機での出張が多い方だと、空港ラウンジを無料で利用できるので待ち時間を有意義に過ごせます。

他に全国のレストランで飲食代金が割引になるJCBゴールドグルメ優待サービスや京都のお店のお得情報や優待情報が満載の京爛漫の購読もできます。

追加カード

シナジーJCB法人カードとシナジーJCBゴールド法人カードに追加できるカードは、以下の通りです。

追加カードの比較
券種 シナジー法人カード シナジーゴールド法人
追加カード 2,000円(税別)
初年度無料
3,000円(税別)
ETCスルーカードN 年会費無料。
エッソ・モービル・ゼネラルコーポレートカード 年会費96円(税別)

追加カードは、シナジーJCB法人カードは本会員と同じ2,000円(税別)です。

一方、シナジーJCBゴールド法人カードの追加カードは3,000円(税別)です。本会員の年会費と比較すると3分の1で済むので、お得さではシナジーJCBゴールド法人カードの追加カードの方が上ですね。

ETCスルーカードNは、どちらも発行手数料、年会費無料です。必要であれば、給油用にエッソ・モービル・ゼネラルコーポレートカードも追加できますが、給油値引はありません。

まとめ

月間のガソリンの給油が200リットル程度で、経費の支払いにクレジットカードを導入したいというだけであれば、シナジーJCB法人カードを持っていれば十分です。

一方、社用車を複数台保有しており、毎月のガソリンの給油が250リットル以上になる場合には、シナジーJCBゴールド法人カードの方が給油代の節約になります。

航空機での出張が多い方、高額の商品や固定資産の購入をすることが多い事業をされている方にも、シナジーJCBゴールド法人カードの方が、各種保険が充実しているのでおすすめです。