HOME > 比較 >

 

JCB一般法人カードとJCBゴールド法人カードの年会費、優待特典、付帯保険を比較。事業内容に合ったクレジットカードを選んで経費削減。

JCBが発行する事業用クレジットカードには、カード利用でOki Dokiポイントが貯まるJCB一般法人カードがあります。また、同カードには上位カードとしてJCBゴールド法人カードも用意されています。

JCB一般法人カードよりも、JCBゴールド法人カードの方が年会費が高いので付帯サービスも充実しています。

でも、どんなにサービスが充実していても使わなければ高い年会費を負担する意味がありません。そのため、個人事業主や法人代表者の方は、どちらのカードに申込んだ方が、事務処理の簡略化や経費の削減が図れるかを事前に比較して確認しておきたいですね。

年会費の比較

JCB一般法人カードとJCBゴールド法人カードの年会費は以下の通りです。

年会費の比較
券種 一般法人 ゴールド法人
年会費 1,250円(税別)
初年度会費無料
10,000円(税別)
初年度会費無料

JCB一般法人カードは、年会費が1,250円(税別)です。

JCBゴールド法人カードは、他のゴールドカードと同程度の年会費1万円(税別)です。

どちらのクレジットカードも、取り立てて年会費が安いとか高いとかいったことはありませんね。

ポイントプログラム

カード利用で貯まるポイントは、両カードともOki Dokiポイントです。

ポイントプログラムの比較
券種 一般法人 ゴールド法人
ポイント還元 毎月の利用合計金額1,000円(税込)ごとにOki Dokiポイントが1ポイント貯まります。
MyJチェックに登録している場合、海外でのカード利用でポイント2倍還元。
1ポイントは約5円の価値。
毎月の利用合計金額1,000円(税込)ごとにOki Dokiポイントが1ポイント貯まります。
MyJチェックに登録している場合、海外でのカード利用でポイント2倍還元。
JCBトラベル提携オンライン予約サービスを利用して旅行代金を支払うとポイント還元率最大12倍。
1ポイントは約5円の価値。
ポイント交換 主な交換先
  • JCBギフトカード
    1,050ポイント→5,000円
  • ANAマイル
    500ポイント以上1ポイント単位
    1ポイント→3マイル
  • ANA SKY コイン
    500ポイント以上1ポイント単位
    1ポイント→3コイン
  • JALマイル
    500ポイント以上1ポイント単位
    1ポイント→3マイル
  • デルタ航空マイル
    500ポイント以上1ポイント単位
    1ポイント→3マイル
  • nanacoポイント
    500ポイント以上1ポイント単位
    1ポイント→5ポイント
  • dポイント
    200ポイント以上1ポイント単位
    1ポイント→4ポイント
  • WALLETポイント
    200ポイント以上1ポイント単位
    1ポイント→4ポイント
  • Edy
    200ポイント以上1ポイント単位
    1ポイント→3円
ポイント
有効期限
ポイント獲得月から2年間 ポイント獲得月から3年間

ポイント還元は、1,000円ごとに1ポイントです。1ポイントは約5円の価値です。

両カードで、ポイント還元率に差はありません。

ただし、有効期限はJCB一般法人カードが2年に対して、JCBゴールド法人カードは3年ですから、ポイントを無駄に消滅させにくいのはJCBゴールド法人カードですね。

付帯保険

JCB一般法人カードとJCBゴールド法人カードには各種保険が付帯していますが、両カードで補償内容に違いがあります。


まず、海外旅行傷害保険を比較しましょう。

海外旅行傷害保険の比較
券種 一般法人 ゴールド法人
付帯条件 利用付帯
要MyJチェック登録
自動付帯
傷害死亡・
後遺障害
3,000万円 自動付帯=5,000万円
利用付帯=5,000万円
最高1億円
傷害治療費用 100万円 300万円
疾病治療費用 100万円 300万円
賠償責任 2,000万円 1億円
携行品損害 20万円
1事故3,000円の自己負担
50万円
1事故3,000円の自己負担
救援者費用 100万円 400万円

JCB一般法人カードは、利用明細をWEB上で確認するMyJチェックに登録すると海外旅行傷害保険が適用されます。ただし、海外旅行傷害保険は、事前に旅費などをカード決済することを条件とする利用付帯です。

一方、JCBゴールド法人カードは、カード会員であるだけで海外旅行傷害保険が適用される自動付帯です。

最高補償額は、JCB一般法人カードは3千万円、JCBゴールド法人カードは1億円です。

また、傷害・疾病治療費用は、JCB一般法人カードが最高100万円、JCBゴールド法人カードが最高300万円となっています。

海外出張が多い方だと、JCBゴールド法人カードを持っていた方が無難ですね。


次に国内旅行傷害保険を比較しましょう。

国内旅行傷害保険の比較
券種 一般法人 ゴールド法人
付帯条件 利用付帯
要MyJチェック登録
自動付帯
傷害死亡・
後遺障害
3,000万円 5,000万円
入院保険金日額 - 5,000円
手術保険金 - 最高20万円
通院保険金日額 - 2,000円

JCB一般法人カードは、傷害死亡・後遺障害だけが補償されます。最高補償額は3千万円です。海外旅行傷害保険と同じくMyJチェックの登録が必要です。

JCBゴールド法人カードの国内旅行傷害保険は自動付帯で、最高補償額は5千万円です。入院保険金、手術保険金、通院保険金も支払われるので、出張先での万が一の病気や怪我の場合に治療費の軽減に役立ちます。


両カードともにショッピングガード保険が付帯しています。

ショッピングガード保険の比較
券種 一般法人 ゴールド法人
補償内容 海外でのカード利用で購入した品物を購入日から90日間、破損や盗難などの損害を補償。
最高100万円
自己負担額3,000円
国内、海外でのカード利用で購入した品物を購入日から90日間、破損や盗難などの損害を補償。
最高補償額500万円
自己負担額3,000円

どちらも、補償期間は商品購入から90日間、自己負担額は3千円です。ただし、最高補償額は、JCB一般法人カードが100万円、JCBゴールド法人カードが500万円と大きく異なっています。

高額な商品や備品の購入をすることが多い事業をされている方だと、JCBゴールド法人カードを持っていた方が良いでしょう。


以下は、JCBゴールド法人カードにだけ付帯している保険です。

JCBゴールド法人カードだけの保険
海外航空機
遅延保険
海外航空機遅延保険は自動付帯です。
  • 乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)
    最高2万円
  • 出航遅延費用等保険金(食事代)
    最高2万円
  • 寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)
    最高2万円
  • 寄託手荷物紛失費用保険金 (衣料購入費等)
    最高4万円
国内航空機
遅延保険
国内航空機遅延保険は自動付帯です。
  • 乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)
    最高2万円
  • 出航遅延費用等保険金(食事代)
    最高2万円
  • 寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)
    最高2万円
  • 寄託手荷物紛失費用保険金 (衣料購入費等)
    最高4万円

海外出張だけでなく、国内出張も航空機を利用することが多い個人事業主や法人代表者の方だと、航空機遅延保険が付帯していた方が安心ですね。

付帯サービス

JCB一般法人カードとJCBゴールド法人カードで共通しているサービスは以下の通りです。

共通するサービス
JCB E-Co明細(イーコメイサイ)サービス ETCスルーカードNの走行日・利用区間・金額をオンラインで確認できる法人会員専用のサービスです。
ETCスルーカードN 1枚のJCB法人カードに対して、複数枚のETC専用ICカードを年会費無料で発行可能。
ETCスルーカードNの走行日・利用区間・金額をインターネットで確認できます。
航空券割引 パソコンで簡単に専用割引運賃で航空券予約ができる法人精算方式のチケットレスサービスを利用可能。
JR東海エクスプレス予約サービス 東海道新幹線(東京~新大阪間)のネット予約、チケットレスサービスJR東海エクスプレス予約サービスを利用できます。
年会費1,000円(税別)
じゃらんコーポレートサービス じゃらんnetで提供している宿泊施設情報、宿泊プランの他、通常の宿泊プランよりもさらに安価な限定プランを提供。
ビジネス
サポート
ビジネスの効率化、コストダウンをサポートする様々なサービスを提供。
オフィス用品を特別価格で購入できるタスカリマックス、事務用品をインターネット注文できるアスクルサービス、JCBタクシーチケットなど。
エンターテインメント JCBトラベル、福利厚生倶楽部といったサービスを利用できます。

航空機を利用して出張に出かける場合には、専用割引運賃で航空券予約をできます。

また、泊りがけでの出張の際は、じゃらんコーポレートサービスを利用すれば、安価な限定プランで宿泊が可能です。

他にビジネスの効率化やコストダウンをサポートするサービスやオフィス用品を特別価格で購入できるサービスも用意されているので、経費削減にも役立ちます。


JCBゴールド法人カードだけのサービスは以下の通りです。

JCBゴールド法人カードだけのサービス
JCBトラベル Oki Dokiトクトクサービス JCBトラベルデスクへ電話にて対象の国内・海外パッケージツアーを申し込み、ゴールド法人カードで旅行代金を支払うと、Oki Dokiポイントが3~7倍還元。カード会員が旅行に参加しなくてもサービスを利用できます。
国内宿泊オンライン予約 JCBトラベル提携オンライン予約サービスでJTBの「国内宿泊オンライン予約」を予約し、ゴールド法人カードで旅行代金を支払うと、Oki Dokiポイントが5倍還元。
海外ホテルオンライン予約 JCBトラベル提携オンライン予約サービスでアップルワールドまたはJHCの「海外ホテルオンライン予約」を予約し、ゴールド法人カードで旅行代金を支払うと、Oki Dokiポイントが12倍還元。
手荷物無料宅配券(片道)サービス JCBトラベルデスクで1組の基本旅行代金総額が50,000円以上の「JCBトラベル Oki Dokiトクトクサービス」対象の海外パッケージツアーに申し込み、ゴールド法人カードで旅行代金を支払うと、手荷物無料宅配券片道分(空港から自宅)を1組につき1枚プレゼント。
空港ラウンジサービス 国内の主要空港に加え、ダニエル・K・イノウエ国際空港の空港ラウンジが年中無休・無料で利用できます。ドリンクサービスや雑誌の閲覧などのサービスがあります。
ゴルフエントリーサービス 全国約1,200ヶ所の有名ゴルフ場のプレー予約を法人デスクで代行。予約手数料無料。
会員情報誌「JCB THE PREMIUM」 ゴールド会員限定の情報誌「JCB THE PREMIUM」を毎月購読できます。
京爛漫 京情緒が味わえる情報が満載のJCBオリジナルガイドブック「京爛漫」を購読できます。京都ならではの趣あるお店の紹介、JCBおすすめの旅館、飲食店、名品店での優待。
健康サービス 人間ドックサービス、24時間・年中無休で健康や介護、育児などに関する相談を受けれるドクターダイレクト24、健康チェックサービスが付帯しています。

JCBトラベルデスクを利用すれば、Oki Dokiポイントが最高7倍還元になります。

さらに国内宿泊でポイント最高5倍還元、海外ホテル予約でポイント最高12倍還元になるので、出張が多い方だと経費削減効果が非常に高いです。

また、航空機の待ち時間を無駄にしない空港ラウンジサービスを無料で利用できます。

追加カード

JCB一般法人カードとJCBゴールド法人カードに追加できるカードは、以下の通りです。

追加カードの比較
券種 一般法人 ゴールド法人
追加カード 1,250円(税別)
初年度無料
3,000円(税別)
初年度無料
ETCスルーカードN 年会費無料。
エッソ・モービル・ゼネラルコーポレートカード 年会費96円(税別)

追加カードは、JCB一般法人カードは本会員と同じ1,250円(税別)です。

一方、JCBゴールド法人カードの追加カードは3,000円(税別)です。本会員の年会費と比較すると3分の1で済むので、お得さではJCBゴールド法人カードの追加カードの方が上ですね。

ETCスルーカードNは、どちらも発行手数料、年会費無料です。必要であれば、給油用にエッソ・モービル・ゼネラルコーポレートカードも追加できます。

まとめ

事業規模が小規模で、特に高額な商品や備品の購入がないフリーランスの方だと、JCB一般法人カードを持っておけば十分です。

一方、商品や備品の購入が高額になりやすい、海外出張や国内出張に出かけることが多い、従業員用に複数枚の追加カードを発行したい法人代表者の方だと、JCBゴールド法人カードに申込んだ方が良いでしょう。