HOME > 比較 >

 

ANA JCB法人カード 一般カードとANA JCB法人カード ワイドカードを比較。年会費とマイル積算率を把握して出張旅費の削減に役立つカードに申込み。

JCBが発行する事業用のクレジットカードには、全日空(ANA)のマイルが貯まるANA JCB法人カード 一般カードがあります。

同カードには、上位カードとしてANA JCB法人カード ワイドカードも用意されています。

どちらのクレジットカードも、一見するとほとんど差がないように思えますが、細かい点で違いがありますから、ANAマイルが貯まる事業用カードの申込みをお考えの個人事業主や法人代表者の方は、両カードを比較して異なっている点を把握してから申し込みたいですね。

年会費の比較

ANA JCB法人カード 一般カードとANA JCB法人カード ワイドカードの年会費は以下の通りです。

年会費の比較
券種 一般カード ワイドカード
年会費 2,250円(税別)
初年度会費無料
11,750円(税別)

ANA JCB法人カード 一般カードは、初年度年会費が無料で2年目以降は2,250円(税別)です。

一方のANA JCB法人カード ワイドカードは、初年度から年会費が11,750円(税別)かかります。一般的なゴールドカードでも年会費が1万円ほどですから、ワイドカードはゴールドカードよりも年会費が高額です。

マイルとポイントの比較

次に両カードのマイルとポイントプログラムを比較しましょう。

マイルとポイントの比較
券種 一般カード ワイドカード
マイル積算 ANAグループ会社をはじめスターアライアンス加盟航空会社など提携航空会社の搭乗でANAマイルが貯まります。
  • ご入会ボーナスマイル
    1,000マイル
  • ご継続ボーナスマイル
    1,000マイル
  • フライトマイル
    通常のフライトマイルに加え、区間ごとの割り増しボーナスマイルをプレゼント。
    区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%。
  • ANAカードマイルプラス
    ANAカードマイルプラス加盟店でANAカードで支払うと、100円または200円(税込)ごとに1マイルが貯まります。
ANAグループ会社をはじめスターアライアンス加盟航空会社など提携航空会社の搭乗でANAマイルが貯まります。
  • ご入会ボーナスマイル
    2,000マイル
  • ご継続ボーナスマイル
    2,000マイル
  • フライトマイル
    通常のフライトマイルに加え、区間ごとの割り増しボーナスマイルをプレゼント。
    区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%。
  • ANAカードマイルプラス
    ANAカードマイルプラス加盟店でANAカードで支払うと、100円または200円(税込)ごとに1マイルが貯まります。
マイル
有効期限
ANAマイルは利用月から数えて36ヶ月後の月末まで有効(最長3年)。
ポイント還元 毎月の利用合計金額1,000円(税込)ごとにOki Dokiポイントが1ポイント貯まります。
1ポイントは約5円の価値。
ポイントのマイル移行 年間5,000円(税別)の移行手数料を負担することで、Oki DokiポイントをANAマイルに移行できます。
  • 通常ポイント
    1ポイント→10マイル
    1ポイント以上1ポイント単位
  • ボーナスポイント
    1ポイント→3マイル
    500ポイント以上1ポイント単位
ポイント
有効期限
獲得月より2年

ANA JCB法人カード 一般カードは、入会と継続時に1,000マイルプレゼント、フライトマイルは区間ごとの割り増しボーナスマイルが10%です。

一方のANA JCB法人カード ワイドカードは、入会と継続時に2,000マイルプレゼント、フライトマイルは区間ごとの割り増しボーナスマイルが25%です。

他にANAカードマイルプラス加盟店でのカード利用でマイルが積算されますが、両カードで違いはありません。

ANA JCB法人カード ワイドカードは、一般カードよりも年会費が高額なので、ANAに搭乗して出張に出かけることが少ない方だと、年会費に見合ったマイルを貯めるのは難しいでしょう。

カード利用で貯まるポイントは、JCBのOki Dokiポイントで、1,000円のカード利用ごとに1ポイント還元です。両カードで、ポイント還元率やマイルの移行レートに違いはありません

なお、Oki DokiポイントをANAマイルに移行する場合は、年間5,000円(税別)の移行手数料を支払う必要があります。移行手数料を負担したくない場合は、ポイントをギフトカードなどと交換すると良いでしょう。

付帯保険

ANA JCB法人カード 一般カードとANA JCB法人カード ワイドカードには、ショッピングガード保険と海外旅行傷害保険が付帯しています。

付帯保険の比較
券種 一般カード ワイドカード
ショッピング
ガード保険
海外でのカード利用で購入した品物を購入日から90日間、破損や盗難などの損害を補償。
最高100万円
自己負担額1万円
海外旅行
傷害保険
海外旅行傷害保険は自動付帯です。
  • 傷害死亡・後遺障害:最高1,000万円
海外旅行傷害保険は自動付帯です。
  • 傷害死亡・後遺障害:最高5,000万円

ショッピングガード保険は、どちらも、補償期間は商品購入から90日間、自己負担額は1万円です。補償限度額も最高100万円と同じです。

海外旅行傷害保険は、両カードとも、カード会員であるだけで適用される自動付帯なので便利です。ただ、傷害死亡・後遺障害しか補償されないので、海外出張に出かける場合は、空港で傷害・疾病治療費用や賠償責任などの補償を受けるために追加で保険に入る必要があります。

なお、海外旅行傷害保険の最高補償額は、ANA JCB法人カード 一般カードが1,000万円、ANA JCB法人カード ワイドカードが5,000万円です。

付帯サービス

ANA JCB法人カード 一般カードとANA JCB法人カード ワイドカードで共通しているサービスは以下の通りです。

共通するサービス
ビジネスきっぷ ANAカード会員専用の便利でお得な割引運賃が用意されています。
搭乗当日まで予約・変更が可能。
マイルが100%貯まります。
国内線全路線で利用可能。
JCB E-Co明細(イーコメイサイ)サービス ETCスルーカードNの走行日・利用区間・金額をオンラインで確認できる法人会員専用のサービスです。
ETCスルーカードN 1枚のJCB法人カードに対して、複数枚のETC専用ICカードを年会費無料で発行可能。
ETCスルーカードNの走行日・利用区間・金額をインターネットで確認できます。
航空券割引 パソコンで簡単に専用割引運賃で航空券予約ができる法人精算方式のチケットレスサービスを利用可能。
JR東海エクスプレス予約サービス 東海道新幹線(東京~新大阪間)のネット予約、チケットレスサービスJR東海エクスプレス予約サービスを利用できます。
年会費1,000円(税別)
じゃらんコーポレートサービス じゃらんnetで提供している宿泊施設情報、宿泊プランの他、通常の宿泊プランよりもさらに安価な限定プランを提供。
ビジネス
サポート
ビジネスの効率化、コストダウンをサポートする様々なサービスを提供。
オフィス用品を特別価格で購入できるタスカリマックス、事務用品をインターネット注文できるアスクルサービス、JCBタクシーチケットなど。
エンターテインメント JCBトラベル、福利厚生倶楽部といったサービスを利用できます。

ANAに搭乗して国内出張に出かける時は、ANAカード会員専用のビジネス切符を利用できます。割引運賃が適用され、マイルも100%貯まるので、航空機で国内を飛び回る個人事業主や法人代表者の方だと、出張旅費の大幅な削減も可能です。

また、パソコンで簡単に専用割引運賃で航空券予約ができるサービスも利用可能です。

泊りがけでの出張の際は、じゃらんコーポレートサービスを利用すれば、安価な限定プランで宿泊が可能です。

他にビジネスの効率化やコストダウンをサポートするサービスやオフィス用品を特別価格で購入できるサービスも用意されているので、経費削減にも役立ちます。

追加カード

ANA JCB法人カード 一般カードとANA JCB法人カード ワイドカードに追加できるカードは同じです。

追加カードの比較
券種 一般カード ワイドカード
追加カード 750円(税別)
初年度無料
750円(税別)
ETCスルーカードN 年会費無料。
エッソ・モービル・ゼネラルコーポレートカード 年会費96円(税別)

追加カードは、どちらも750円(税別)です。本会員の年会費が1万円を超えるANA JCB法人カード ワイドカードの追加カードは、かなり割安ですね。

まとめ

ANA JCB法人カード 一般カードとANA JCB法人カード ワイドカードを比較した場合、優待特典や付帯保険に大きな差はありません。

しかし、ANA JCB法人カード ワイドカードの方が年会費が9,500円(税別)も高いです。両カードの大きな差は、入会・継続時のボーナスマイルと区間マイルの割り増しボーナスマイルですから、毎月のようにANAに搭乗して出張に出かける仕事をしていないのならANA JCB法人カード 一般カードをおすすめします。

一方、ANAでの出張が多く、さらに従業員も頻繁に出張に出かける会社であれば、ANA JCB法人カード ワイドカードに申込んだ方が良いでしょう。追加カードの年会費は両カードで同じですから、複数枚の追加カードを作る予定であれば、ANA JCB法人カード ワイドカードの方がお得です。