HOME > AMEX >

 

アメックス・スカイ・トラベラーとスカイ・プレミアはどちらがお得?年会費、ポイント、付帯保険、優待サービスの違いからメリットとデメリットを比較。

アメックスカードには、カード利用で獲得したポイントを複数の航空会社のマイルに移行できるアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードがあります。また、この上位カードとしてアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードも用意されています。

全体的なサービスは、スカイ・プレミアの方が充実していますが、具体的にどの辺がスカイ・トラベラーよりも優秀なのかは、各種付帯サービスを比較しなけれ把握できません。

このページでは、どちらのクレジットカードに申込むべきか検討するための参考になるよう、両カードの年会費、ポイント還元、付帯保険、優待特典を比較します。

年会費

スカイ・トラベラーとスカイ・プレミアの年会費は以下の通りです。

年会費の比較
券種 スカイ・トラベラー スカイ・プレミア
年会費 11,000円 38,500円

年会費は、スカイ・プレミアが3.5倍も高額です。差額は27,500円になります。両カードを比較する際は、スカイ・プレミアが余分に27,500円の年会費を負担する価値があるかどうかに注目して、各種サービスを見ていかなければなりません。

ポイント

スカイ・トラベラーもスカイ・プレミアもメンバーシップ・リワードと呼ばれるポイントプログラムが付帯しています。

ポイント還元の比較

まずはポイント還元率を比較しましょう。

ポイント還元とマイル積算の比較
券種 スカイ・トラベラー スカイ・プレミア
ポイント還元
  • 通常
    100円=1ポイント
  • 対象航空会社/旅行代理店
    3倍
  • 通常
    100円=1ポイント
  • 対象航空会社/旅行代理店
    5倍
ボーナス
ポイント
  • ご入会ボーナスポイント
    3,000ポイント
  • ファーストトラベル・ボーナスポイント
    5,000ポイント
  • ご継続ボーナスポイント
    1,000ポイント
  • ご入会ボーナスポイント
    5,000ポイント
  • ファーストトラベル・ボーナスポイント
    10,000ポイント
  • ご継続ボーナスポイント
    5,000ポイント

両カードとも、基本的に100円のカード利用で1ポイント還元です。

しかし、航空会社でのカード利用の場合は、スカイ・トラベラーが3倍還元なのに対してスカイ・プレミアは5倍還元になります。

毎年のカード継続時のボーナスポイントも、スカイ・トラベラーが1,000ポイントに対してスカイ・プレミアは5,000ポイントと5倍も多くプレゼントされます。

さすがにスカイ・プレミアは年会費が高額なだけに獲得できるポイントも破格ですね。

なお、通常ポイントも含めて、スカイ・トラベラーの3倍還元は年間60,000ポイント、スカイ・プレミアの5倍還元は年間100,000ポイントが上限となります。どちらの場合も、還元率アップは金額にして年間2百万円のカード利用が上限です。

ポイント利用の比較

次にポイントの使い道ですが、両カードで差違はありません。

ポイント利用の比較
券種 スカイ・トラベラー スカイ・プレミア
ポイント交換 1,000ポイント以上1,000マイル単位。
ANAへのポイント移行には参加登録費が年間5,500円必要。
ANAへのポイント移行は年間40,000マイルまで。
ポイント
フリーダム
ポイントをアメリカン・エキスプレス・トラベル オンラインでの支払いに利用できます。
1ポイント=1円
1,000ポイント以上5ポイント単位

また、カード利用後の支払代金にも、3,000ポイントより以下のレートで充当できます。
  • 航空会社
    1ポイント=1円
  • ホテル・旅行
    1ポイント=0.8円
  • 旅行関連以外
    1ポイント=0.3円

獲得したポイントをポイントフリーダムと呼ばれるキャッシュバックに利用した場合、最高で1ポイントが1円換算されます。スカイ・プレミアは継続時のボーナスポイントが4,000ポイント多いので、スカイ・トラベラーと比較すると毎年4,000円は多くキャッシュバックを受けられます。

ポイント有効期限の比較

ポイント有効期限も両カード同じで無期限です。

ポイント有効期限の比較
券種 スカイ・トラベラー スカイ・プレミア
ポイント
有効期限
無期限 無期限

付帯保険の比較

付帯している保険は、スカイ・トラベラーとスカイ・プレミアで大きな差はありません。

共通する保険
券種 スカイ・トラベラー スカイ・プレミア
ショッピング・プロテクション カード利用で購入した商品の偶然な事故による損害について、商品購入日から90日間補償。
年間最高200万円。
免責金額は1事故につき1万円。
ショッピング・プロテクション全体で年間最高10億円。
カード利用で購入した商品の偶然な事故による損害について、商品購入日から90日間補償。
年間最高500万円。
免責金額は1事故につき1万円。
ショッピング・プロテクション全体で年間最高10億円。
オンライン・プロテクション インターネット上での不正使用による損害を全額補償。
カード緊急
再発行
万一カードの紛失、盗難に遭った場合でも、カード会社に連絡すれば新しいカードが無料で再発行されます。
国内旅行
傷害保険
旅行代金などを事前にカード決済した場合に適用される利用付帯。
  • 傷害死亡・後遺障害:最高2,000万円
家族特約
カード会員の配偶者及びカード会員と生計を共にする子・両親も補償を受けられます。ただし、傷害死亡・後遺障害の最高補償額は1,000万円です。
旅行代金などを事前にカード決済した場合に適用される利用付帯。
  • 傷害死亡・後遺障害:最高5,000万円
家族特約
カード会員の配偶者及びカード会員と生計を共にする子・両親も補償を受けられます。ただし、傷害死亡・後遺障害の最高補償額は1,000万円です。
航空便遅延費用補償(海外旅行)
  • 乗継遅延費用
    最高2万円
  • 出航遅延、欠航、搭乗不能費用
    最高2万円
  • 受託手荷物遅延
    最高2万円
  • 受託手荷物紛失
    最高4万円

ショッピング・プロテクションと国内旅行傷害保険は、スカイ・プレミアの方が優れています。

ただ、ショッピング・プロテクションはスカイ・トラベラーでも年間200万円の補償を受けられます。年間500万円もショッピング補償を受けることは滅多にないでしょうから、スカイ・プレミアのショッピング・プロテクションはやや過剰と思えます。


海外旅行傷害保険は、スカイ・トラベラーもスカイ・プレミアも利用付帯です。

海外旅行傷害保険の比較
券種 スカイ・トラベラー スカイ・プレミア
付帯条件 利用付帯 利用付帯
傷害死亡・
後遺障害
3,000万円 5,000万円
傷害治療費用 100万円 100万円
疾病治療費用 100万円 100万円
賠償責任 3,000万円 3,000万円
携行品損害 30万円
  • 1事故3,000円の自己負担
  • 年間100万円限度
30万円
  • 1事故3,000円の自己負担
  • 年間100万円限度
救援者費用 200万円 200万円
家族特約 カード会員の配偶者及びカード会員と生計を共にする子・両親も補償を受けられます。ただし、傷害死亡・後遺障害の最高補償額は1,000万円です。 カード会員の配偶者及びカード会員と生計を共にする子・両親も補償を受けられます。ただし、傷害死亡・後遺障害の最高補償額は1,000万円です。

両カードで大きく異なるのは、傷害死亡・後遺障害の最高補償額です。

スカイ・トラベラーは3,000万円で、スカイ・プレミアは5,000万円です。スカイ・プレミアは年会費が高額ですが、海外旅行傷害保険の補償内容は、それほど魅力的ではないですね。


スカイ・プレミアにだけ付帯している保険には、リターン・プロテクションとキャンセル・プロテクションがあります。

スカイ・トラベラー・プレミアだけの保険
リターン・プロテクション 未使用かつ故障・損傷なく正常に機能する商品を購入店に返品しようとした際、購入店が返品を拒否した場合に限り、購入日から90日以内であれば購入金額の返却を受けられます。
1商品につき最高3万円。
年間最高15万円。
要商品返却。
キャンセル・プロテクション 突然の病気や怪我、急な出張などを理由に予約していた旅行をキャンセルしたり、チケットを購入済みのコンサートに行けなくなった場合、キャンセル費用などの損害を補償。
同行予定だった配偶者の分も補償されます。
年間最高補償額は10万円(キャンセル事由により補償額は変わります)。
自己負担額は1,000円又はキャンセル費用の10%相当額。

海外旅行を病気や仕事などの理由で取り消さなければならない場合、キャンセル料が高額となることがあります。スカイ・プレミアの申込みを検討している方は、海外旅行に行く機会が多いでしょうから、キャンセル・プロテクションが付帯しているのは魅力的ですね。

その他の付帯サービスの比較

その他の付帯サービスも比較しておきましょう。

その他の付帯サービスの比較
券種 スカイ・トラベラー スカイ・プレミア
空港ラウンジ
サービス
国内外29ヶ所の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用できます。
手荷物無料宅配サービス 海外旅行からの帰国時、スーツケース1個を空港から自宅まで無料で配達します。
対象空港=成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港
海外旅行からの帰国時、スーツケース1個を空港から自宅まで無料で配達します。
対象空港=羽田空港(第3ターミナル)、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港
大型手荷物宅配優待特典 海外旅行の際、ダンボールや自転車など、大きな手荷物を預けられる「大型手荷物宅配」をカード会員1名につき、JALエービーシーの公示価格より1,000円(税込)割引。
対象空港=成田国際空港、中部国際空港
海外旅行の際、ダンボールや自転車など、大きな手荷物を預けられる「大型手荷物宅配」をカード会員1名につき、JALエービーシーの公示価格より1,000円(税込)割引。
対象空港=成田国際空港、中部国際空港、(羽田空港国際線第3ターミナル)
空港パーキング 空港周辺のアクセス良好な場所で、旅行中に車を安全かつ低価格で預かってもらえます。
アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン ホテル、レンタカー、国際線航空券のオンライン予約が可能なカード会員専用の旅行予約サイト。
カーシェアリングサービス カーシェアリングサービス「タイムズ カー プラス」の会員カード発行手数料が無料。
旅・Fun Expedia、アップルワールド.com、一休.com、日本旅行で、旅行代金の割引や会員限定特典といった優待サービスが用意されています。
海外旅行先での日本語サポート 海外旅行先でのレストラン予約や医療機関の紹介などのサポートを受けられます。電話対応は日本語なので安心。
海外用レンタル携帯電話 海外用レンタル携帯電話をレンタル料半額、通話料も通常の10%割引で利用可能。
対象空港=成田国際空港、関西国際空港
トラベル・サービス・ロケーション 世界中のサービス拠点で旅のサポートを受けられます。
レンタカーの国内利用 指定のレンタカー会社でのレンタカー利用が国内に限り基本料金5%割引。
カード会員向けイベント グルメ・エンターテインメントなど幅広いジャンルをラインアップ。イベント情報はオンラインでいつでも確認できます。
チケット・アクセス e+(イープラス)との提携により、アメリカン・エキスプレスのカード会員限定で、様々なエンターテインメントのチケットを先行販売します。

手荷物無料宅配サービスの内容が若干異なる以外は、スカイ・トラベラーもスカイ・プレミアも同じです。上記優待特典を見るだけだと、どちらのクレジットカードを選んでも大差ないですね。

家族カードの比較

スカイ・トラベラーもスカイ・プレミアも家族カードを追加できます。

家族カードの比較
券種 スカイ・トラベラー スカイ・プレミア
年会費 5,500円 19,250円

本会員の年会費と同じく、スカイ・プレミアの家族カードの年会費も3.5倍高くなっています。

まとめ

スカイ・トラベラーとスカイ・プレミアの大きな違いは、対象航空会社でのポイント還元率だと言って良いでしょう。

対象航空会社は、全日空(ANA)、日本航空(JAL)、デルタ航空、シンガポール航空など約30社ありますが、これら航空会社の航空券を頻繁に購入しなければ、スカイ・プレミアの高額な年会費に見合ったポイント獲得は厳しいです。

スカイ・プレミアで航空券を年間100万円分購入すれば、スカイ・トラベラーよりも20,000ポイント多く獲得できます。毎年の継続時のボーナスポイントの差4,000ポイントも加えると24,000ポイントの差です。

スカイ・プレミアは年会費が27,500円高いので、24,000ポイントをキャッシュバックに使っても24,000円にしかならず、年会費の差額以下のキャッシュバックしか受けられません。これだとスカイ・プレミアはスカイ・トラベラーよりも魅力のないクレジットカードです。

ただし、ポイントを各航空会社のマイルに移行し、特典航空券と交換する場合には、スカイ・プレミアの方がメリットがあります。特典航空券との交換の1ポイント(1マイル)の価値は1円以上です。仮に1ポイントを2円とした場合、スカイ・プレミアで年間100万円の航空券を購入すれば、年間48,000円分多くのポイント獲得が可能と言えます。


スカイ・プレミアに申込むのであれば、年間100万円以上は対象航空会社で航空券を購入する予定がないと、高額な年会費に見合うサービスを受けられないでしょう。

年間100万円も航空券を購入しないのであれば、スカイ・トラベラーに申込む方が無難です。

アメリカン・エキスプレス・カード