HOME > AMEX >

 

アメックスグリーンとアメックスゴールドの年会費、優待特典、付帯保険を比較。メリットとデメリットを知ってどちらに申込むべきかを検討。

アメックスカードに初めて申込む場合、定番のアメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーン)を選ぶのが基本ですが、どうせなら上位カードのアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)に申込もうと考える方もいらっしゃいます。

アメックスグリーンは、アメックスの一般カードではありますが、他社のゴールドカードと同等のサービスが付帯しています。したがって、他社のゴールドカードに付帯しているサービスを希望する場合は、アメックスグリーンを選択するのもありです。ゴールド券面のクレジットカードを持ちたいというのであれば、アメックスゴールドを選ばなければなりませんが、付帯サービスを知らずにただ金色のカードを持ちたいだけで、年会費が高額のアメックスゴールドに申込むのは得策ではありません。

アメックスグリーンのサービス内容で十分かどうかを検討し、物足りないと感じた場合にアメックスゴールドに申込むのがおすすめです。そして、どちらに申込むべきかは、両者のスペックを比較し、メリットとデメリットを把握しなければ判断できません。

ここでは、アメックスグリーンにすべきかアメックスゴールドにすべきかの参考になるよう、両者の共通点と相違点を解説します。

年会費

まず、知っておきたいことはアメックスグリーンとアメックスゴールドの年会費です。

年会費の比較
券種 アメックスグリーン アメックスゴールド
年会費 12,000円(税別) 29,000円(税別)

上の表を見れば、アメックスグリーンでも1万円以上の年会費が必要なので、他社のゴールドカードと同程度の経済的負担になることがわかります。

アメックスゴールドだと、29,000円(税別)と高額の年会費を支払わなければならないので、単にゴールドカードを持ちたいという理由だけで選べるカードではありませんね。

ポイント

アメックスカードには、メンバーシップ・リワードと呼ばれるポイントプログラムがあります。アメックスグリーンもアメックスゴールドも、ポイントプログラムに関しては同じ内容です。

ポイント還元の比較

メンバーシップリワードは、100円のカード利用で1ポイント還元されます。アメックスグリーンでもアメックスゴールドでも同じです。

ポイント還元の比較
券種 アメックスグリーン アメックスゴールド
ポイント還元
  • 通常
    100円=1ポイント
ボーナス
ポイント
入会キャンペーン実施時はボーナスポイントがプレゼントされる場合があります。

ただ、アメックスゴールドの方が入会キャンペーンを実施している場合、多くのボーナスポイントがもらえる傾向にありますから、カードを持ってすぐに多くのポイントを貯めやすくなっています。

ポイント利用の比較

ポイントの使い道に関しても、アメックスグリーンとアメックスゴールドで違いはありません。

ポイント利用の比較
券種 アメックスグリーン アメックスゴールド
ポイント交換 メンバーシップ・リワードは各種商品と交換できる他に他社ポイントやマイルに移行できます。

主な移行先
  • Amazonギフト券
    3,000ポイント→1,000円分
  • WebMoney
    3,000ポイント→1,000円分
  • 楽天スーパーポイント
    300ポイント→100ポイント
  • Tポイント
    300ポイント→100ポイント
  • ANAマイル
    2,000ポイント→1,000マイル
  • スカイマイル
    2,000ポイント→1,000マイル
  • アジアマイル
    2,000ポイント→1,000マイル
  • スターウッド プリファード ゲスト
    2,000ポイント→330ポイント
  • ヒルトン・ワールドワイド ヒルトンHオナーズ
    2,000ポイント→1,250ポイント
ポイント
フリーダム
ポイントを代金の支払いに利用できます。
  • カード代金の支払
    1ポイント=0.3円
  • トラベルオンライン
    1ポイント=0.4円

メンバーシップ・リワード・プラスに登録すると交換レートが上がります。
  • 航空会社
    1ポイント=1円
  • ホテル・旅行
    1ポイント=0.8円
  • 旅行関連以外
    1ポイント=0.5円

ポイントをポイントフリーダムと呼ばれるキャッシュバックに利用する場合、どちらのカードも1ポイントが0.3円ですから、ポイント還元率は約0.3%と低めです。

しかし、両カードともに年間参加費3,000円(税別)を支払って、メンバーシップ・リワード・プラスに登録すると、キャッシュバック率が上がります。

ポイント有効期限の比較

ポイントの有効期限も、アメックスグリーンとアメックスゴールドで差はありません。

ポイント有効期限の比較
券種 アメックスグリーン アメックスゴールド
ポイント
有効期限
最長3年
ポイント交換で無期限
メンバーシップ・リワード・プラス登録でも無期限

一度でも、ポイントを商品などに交換すれば有効期限が無くなるので、アメックスカードが到着したら、できるだけ早い時期にカードショッピングをしてポイントを貯め、何かしらの商品と交換することをおすすめします。

付帯保険の比較

次にアメックスグリーンとアメックスゴールドに付帯してる保険を見ていきましょう。

以下の表は両カードに共通している保険の種類です。

共通する保険
不正プロテクション 不正使用と判明したカード取引については、原則として損害が補償されます。ただし、カード会員に重過失がある場合は補償対象外。
ショッピング・プロテクション カード利用で購入した商品の偶然な事故による損害について、商品購入日から90日間補償。
年間最高500万円。
免責金額は1事故につき1万円。
ショッピング・プロテクション全体で年間最高10億円。
オンライン・プロテクション インターネット上での不正使用による損害を全額補償。
リターン・プロテクション 未使用かつ故障・損傷なく正常に機能する商品を購入店に返品しようとした際、購入店が返品を拒否した場合に限り、購入日から90日以内であれば購入金額の返却を受けれます。
1商品につき最高3万円。
年間最高15万円。
要商品返却。
カード緊急
再発行
万一カードの紛失、盗難に遭った場合でも、カード会社に連絡すれば新しいカードが無料で再発行されます。

アメックスカードには、カードショッピングで購入した商品を返品できるリターン・プロテクションが付帯しています。そうそう利用する機会はないかもしれませんが、リターン・プロテクションをアメックスグリーンでも利用できるのは魅力です。


海外旅行傷害保険は、両カードに付帯していますが、補償内容は大きく異なっています。

海外旅行傷害保険の比較
券種 アメックスグリーン アメックスゴールド
付帯条件 利用付帯 自動付帯
一部利用付帯
傷害死亡・
後遺障害
5,000万円 1億円
  • 自動付帯
    5,000万円
  • 利用付帯
    5,000万円
傷害治療費用 100万円 300万円
  • 自動付帯
    200万円
  • 利用付帯
    100万円
疾病治療費用 100万円 300万円
  • 自動付帯
    200万円
  • 利用付帯
    100万円
賠償責任 3,000万円 4,000万円
携行品損害 30万円
  • 1事故3,000円の自己負担
  • 年間100万円限度
50万円
  • 1事故3,000円の自己負担
  • 年間100万円限度
救援者費用 200万円 400万円
  • 自動付帯
    300万円
  • 利用付帯
    100万円
家族特約 カード会員の配偶者及びカード会員と生計を共にする子・両親も補償を受けれます。ただし、傷害死亡・後遺障害の最高補償額は1,000万円です。 カード会員の配偶者及びカード会員と生計を共にする子・両親も補償を受けれます。ただし、傷害死亡・後遺障害の最高補償額は1,000万円、傷害・疾病治療費用の最高補償額は200万円、救援者費用の最高補償額は300万円です。

アメックスグリーンとアメックスゴールドの大きな差は、海外旅行傷害保険の適用条件が前者は利用付帯、後者は自動付帯という点です。

アメックスグリーンは、持っているだけでは海外旅行傷害保険が適用されません。事前にカードで旅費などを支払うことが適用条件です。

対してアメックスゴールドは、カード会員であれば自動的に海外旅行傷害保険が適用されます。さらに事前にカードで旅費を支払っておけば、補償額が最高1億円にアップします。

海外旅行に行くことが多い方なら、アメックスゴールドを持っていた方が便利ですね。


国内旅行傷害保険は、どちらも利用付帯で、補償額も最高5,000万円と同額です。

国内旅行傷害保険の比較
券種 アメックスグリーン アメックスゴールド
付帯条件 利用付帯
傷害死亡・
後遺障害
5,000万円
家族特約 カード会員の配偶者及びカード会員と生計を共にする子・両親も補償を受けれます。ただし、傷害死亡・後遺障害の最高補償額は1,000万円です。

以下は、アメックスゴールドだけに付帯している保険です。

アメックスゴールドだけの保険
キャンセル・プロテクション 突然の病気や怪我、急な出張などを理由に予約していた旅行をキャンセルしたり、チケットを購入済みのコンサートに行けなくなった場合、キャンセル費用などの損害を補償。
同行予定だった配偶者の分も補償されます。
年間最高補償額は10万円(キャンセル事由により補償額は変わります)。
自己負担額は1,000円又はキャンセル費用の10%相当額。
航空便遅延費用補償(海外旅行)
  • 乗継遅延費用
    最高2万円
  • 出航遅延、欠航、搭乗不能費用
    最高2万円
  • 受託手荷物遅延
    最高2万円
  • 受託手荷物紛失
    最高4万円

キャンセル・プロテクションは、旅行、演劇、コンサートなどを病気や出張などでキャンセルした時にキャンセル費の一部が補償されます。特に海外旅行のキャンセルは費用が高額となりやすいので、よく海外旅行に行く方なら安心の保険です。

航空便遅延費用補償も海外旅行好きの方には嬉しい補償ですね。

アメックスゴールドだけのサービス

アメックスカードには、多くの優待特典があります。特にアメックスゴールドには、アメックスグリーンにはないサービスがたくさん付帯しています。

アメックスゴールドだけのサービス
京都観光
ラウンジ
京都市東山区の圓徳院でカードを提示すると、お茶の接待を受けれます。
ゴールド・ダイニング by 招待日和 国内外約200店のレストランで、所定のコースメニューを2名以上で予約すると1名分が無料となります。
Taste from American Express Invites レストラン優待 世界中から厳選した400以上のレストランで、優待特典を利用できます。飲食代金の20%OFF、ボトルワインのサービスなどの特典もあり。
プリファード・ゴルフ 世界70ヶ所以上の提携ホテルに2泊以上宿泊すると、ホテルが契約するゴルフコースのプレー代(1ラウンド / 1名分)が無料になるプログラム。通常年会費295米ドルのところ、無料で登録できます。
ゴールド・
ワインクラブ
ワインに関する様々なサービスをゴールド・カード会員限定で提供。

年に何回か、家族や仕事の付き合いで高級レストランで食事をすることがある方には、コース料理が1名分無料になる「ゴールド・ダイニング by 招待日和」は魅力的なサービスのはずです。

また、海外旅行中にゴルフをすることが多い方も、1ラウンドのプレー代が無料になるプリファード・ゴルフは、嬉しい特典でしょう。

その他の共通する付帯サービス

アメックスゴールドには、魅力的な特典がたくさん付いていますが、アメックスグリーンにも充実したサービスが付帯しています。

以下は、アメックスグリーンとアメックスゴールドの両方で利用できる優待特典です。

その他の共通する付帯サービス
券種 アメックスグリーン アメックスゴールド
空港ラウンジ
サービス
国内外30ヶ所の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用できます。
プライオリティ・パス 国内外850ヶ所の空港ラウンジを32米ドルで利用できるプライオリティ・パス・メンバーシップに年会費無料で登録できます。同伴者もカード会員と同額でラウンジを利用できます。 国内外850ヶ所の空港ラウンジを32米ドルで利用できるプライオリティ・パス・メンバーシップに年会費無料で登録できます。同伴者もカード会員と同額でラウンジを利用できます。
年間2回までラウンジ利用料が無料。
手荷物無料宅配サービス 海外旅行の際、スーツケース1個を自宅から空港までと空港から自宅まで無料で配達します。
対象空港=成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港
大型手荷物宅配優待特典 海外旅行の際、自転車、ダンボール、スキー、サーフボードなど、大きな手荷物を預かってもらえるサービスです。カード会員1名につき、JALエービーシーの公示価格より1,000円(税込)割引。
  • 対象空港
    成田国際空港、羽田空港(国際ターミナル)、中部国際空港
  • サイズ
    手荷物の縦・横・高さの合計が160cm~240cmまで
  • 重量
    30㎏~50㎏まで
エアポート送迎サービス 海外旅行の出発・帰国時に提携タクシー会社の車をカード会員専用でチャーターし、利用可能地域内の指定の場所から空港間の送迎を割安の定額料金にて提供。
対象空港=成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港
空港パーキング 空港周辺のアクセス良好な場所で、旅行中に車を安全かつ低価格で預かってもらえます。
無料ポーターサービス 出発時は空港の駅改札付近の指定場所やバス停からチェックインカウンターまで、帰国時は到着ロビーから駅改札付近の指定場所やバス停まで、専任スタッフに荷物を運んでもらえます。
対象空港=成田国際空港(第1ターミナル、第2ターミナル)、関西国際空港
空港クローク
サービス
乗継便の待ち時間などに、空港内手荷物預かり所にて荷物を無料で預かってもらえます。
対象空港=中部国際空港
アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン ホテル、レンタカー、国際線航空券のオンライン予約が可能なカード会員専用の旅行予約サイト。ウェブサイト内で直接メンバーシップ・リワードのポイントを旅行代金の支払いに充当できます。
H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク 大手旅行会社のH.I.Sが運営する「H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク」に電話1本で海外・国内の旅行の手配を依頼できます。
エアポート・ミール(国内線) H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクで本特典の対象となる国内線航空券を購入すると、羽田・伊丹空港内の対象飲食店にて搭乗当日に利用できるエアポート・ミール・クーポン(1,000円相当分)がもらえます。
カーシェアリングサービス カーシェアリングサービス「タイムズ カー プラス」の会員カード発行手数料が無料。
海外旅行先での日本語サポート 海外旅行先でのレストラン予約や医療機関の紹介などのサポートを受けれます。電話対応は日本語なので安心。
海外用レンタル携帯電話 海外用レンタル携帯電話をレンタル料半額、通話料も通常の10%割引で利用可能。
対象空港=成田国際空港、関西国際空港
トラベル・サービス・ロケーション 世界中のサービス拠点で旅のサポートを受けれます。
レンタカーの国内利用 指定のレンタカー会社でのレンタカー利用が国内に限り基本料金5%割引。
アメリカン・エキスプレス・セレクト ショッピング、旅行、食事など、国内外のアメリカン・エキスプレスの加盟店が提供する多彩な特典を利用できます。
アメリカン・エキスプレス・コネクト カード会員限定の優待特典、キャンペーン情報などを閲覧できるウェブサイト「アメリカン・エキスプレス・コネクト」が用意されています。
ダイニング・
トレンド
最新トレンドから会員特典まで掲載された「食」のポータルサイトです。
チケット・アクセス e+(イープラス)との提携により、アメリカン・エキスプレスのカード会員限定で、様々なエンターテインメントのチケットを先行販売します。

空港ラウンジサービスは、ゴールドカードの定番となっている特典ですね。さらにアメックスグリーンもアメックスゴールドも、海外の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスに無料で登録できます。特にアメックスゴールドは年間2回まで、ラウンジ利用が無料になるのが魅力的です。

他にも、空港では、手荷物無料宅配サービス、大型手荷物宅配優待特典、エアポート送迎サービス、無料ポーターサービスなどを利用可能です。

家族カードの比較

アメックスグリーンもアメックスゴールドも家族カードを追加できます。

家族カードの比較
券種 アメックスグリーン アメックスゴールド
年会費 6,000円(税別) 12,000円(税別)
2枚以上で1枚目無料

年会費は、アメックスグリーンの方がリーズナブルですが、複数枚の家族カードを持つ場合は、1枚が無料になるアメックスゴールドの方がお得です。

また、アメックスゴールドの家族カードは、アメックスグリーンを選ぶことも可能です。

まとめ

現在、ゴールドカードを1枚も持っていない方は、アメックスグリーンに申込んでも、他社の一般カードより充実したサービスを利用できますから満足できると思います。

すでにゴールドカードを持っている方は、アメックスグリーンに申し込んでも同じようなクレジットカードを2枚持つだけになります。現在持っているゴールドカードを解約する予定であれば、アメックスグリーンに申し込むのもありですが、さらに充実した優待特典を求めるのならアメックスゴールドに申込むと良いでしょう。