HOME > AMEX >

 

アメックス・ビジネス・カードとアメックス・ビジネス・ゴールドを比較。優待特典や付帯保険を把握して事業内容に合ったカードに申込み。

アメリカン・エキスプレスが発行する事業用クレジットカードには、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードがあります。

また、同ビジネス・カードには、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードもあります。

アメックスは、一般カードでも他社のゴールドカードと同程度の保険や優待特典が付帯しています。アメックス・ビジネス・カードも他社のゴールドカード並みのサービスを利用できるので、アメックス・ビジネス・ゴールドを持たなくても、多くの個人事業主や中小法人の代表者にとっては十分役に立ちます。

でも、事業内容によっては、アメックス・ビジネス・カードでは物足りない場合もあります。そのため、アメックス・ビジネス・カードに申込む前には、アメックス・ビジネス・ゴールドのサービスも確認し、両カードの違いを知ってから申込むことをおすすめします。

年会費

まず、アメックス・ビジネス・カードとアメックス・ビジネス・ゴールドの年会費を比較します。

年会費の比較
券種 ビジネス・カード ビジネス・ゴールド
年会費 12,000円(税別) 31,000円(税別)

アメックス・ビジネス・カードでも年会費が12,000円(税別)と高額です。さらにアメックス・ビジネス・ゴールドは、31,000円(税別)とアメックス・ビジネス・カードの約3倍も年会費がかかります。

両カードとも、他の事業用クレジットカードよりも維持費がかかりますから、個人事業主の方も法人代表者の方も、事業内容に合ったサービスを利用できるかどうかをしっかりと検討したいですね。

ポイント

アメックスカードには、メンバーシップ・リワードと呼ばれるポイントプログラムがあります。アメックス・ビジネス・カードもアメックス・ビジネス・ゴールドも、ポイントプログラムに関しては同じ内容です。

ポイント還元の比較

メンバーシップリワードは、100円のカード利用で1ポイント還元されます。アメックスグリーンでもアメックスゴールドでも同じです。

ポイント還元の比較
券種 ビジネス・カード ビジネス・ゴールド
ポイント還元
  • 通常
    100円=1ポイント
ボーナス
ポイント
入会キャンペーン実施時はボーナスポイントがプレゼントされる場合があります。

ポイント利用の比較

ポイントの使い道に関しても、アメックス・ビジネス・カードとアメックス・ビジネス・ゴールドで違いはありません。

ポイント利用の比較
券種 ビジネス・カード ビジネス・ゴールド
ポイント交換 メンバーシップ・リワードは各種商品と交換できる他に他社ポイントやマイルに移行できます。

主な移行先
  • Amazonギフト券
    3,000ポイント→1,000円分
  • WebMoney
    3,000ポイント→1,000円分
  • 楽天スーパーポイント
    300ポイント→100ポイント
  • Tポイント
    300ポイント→100ポイント
  • ANAマイル
    2,000ポイント→1,000マイル
  • スカイマイル
    2,000ポイント→1,000マイル
  • アジアマイル
    2,000ポイント→1,000マイル
  • スターウッド プリファード ゲスト
    2,000ポイント→330ポイント
  • ヒルトン・ワールドワイド ヒルトンHオナーズ
    2,000ポイント→1,250ポイント
ポイント
フリーダム
ポイントを代金の支払いに利用できます。
  • カード代金の支払
    1ポイント=0.3円
  • トラベルオンライン
    1ポイント=0.4円

メンバーシップ・リワード・プラスに登録すると交換レートが上がります。
  • 航空会社
    1ポイント=1円
  • ホテル・旅行
    1ポイント=0.8円
  • 旅行関連以外
    1ポイント=0.5円

ポイントをポイントフリーダムと呼ばれるキャッシュバックに利用する場合、どちらのカードも1ポイントが0.3円ですから、ポイント還元率は約0.3%と低めです。

しかし、両カードともに年間参加費3,000円(税別)を支払って、メンバーシップ・リワード・プラスに登録すると、キャッシュバック率が上がります。

ポイント有効期限の比較

ポイントの有効期限も、アメックス・ビジネス・カードとアメックス・ビジネス・ゴールドで差はありません。

ポイント有効期限の比較
券種 ビジネス・カード ビジネス・ゴールド
ポイント
有効期限
最長3年
ポイント交換で無期限
メンバーシップ・リワード・プラス登録でも無期限

ポイントを失効させないためには、できるだけ経費の支払いをカード決済し、各種商品と交換できるだけのポイントを獲得することです。一度でもポイントを商品と交換すれば、ポイント有効期限が無期限になりますから、早期にポイントを商品と交換することをおすすめします。

付帯保険の比較

アメックス・ビジネス・カードとアメックス・ビジネス・ゴールドに付帯してる保険を見ていきましょう。

以下の表は両カードに共通している保険の種類です。

共通する保険
不正プロテクション 不正使用と判明したカード取引については、原則として損害が補償されます。ただし、カード会員に重過失がある場合は補償対象外。
ショッピング・プロテクション カード利用で購入した商品の偶然な事故による損害について、商品購入日から90日間補償。
年間最高500万円。
免責金額は1事故につき1万円。
ショッピング・プロテクション全体で年間最高10億円。
オンライン・プロテクション インターネット上での不正使用による損害を全額補償。
リターン・プロテクション 未使用かつ故障・損傷なく正常に機能する商品を購入店に返品しようとした際、購入店が返品を拒否した場合に限り、購入日から90日以内であれば購入金額の返却を受けれます。
1商品につき最高3万円。
年間最高15万円。
要商品返却。
カード緊急
再発行
万一カードの紛失、盗難に遭った場合でも、カード会社に連絡すれば新しいカードが無料で再発行されます。

アメックスカードには、カードショッピングで購入した商品を返品できるリターン・プロテクションが付帯しています。

また、ショッピング・プロテクションは、両カードとも年間最高500万円まで補償されるので、カードで購入した商品、備品、機械などの事業用資産が90日以内に損害を受けても損失を軽減できます。

さらにクレジットカードを紛失したり、盗難に遭った場合にはクレジットカードの緊急再発行をしてもらえます。


海外旅行傷害保険は、両カードに付帯していますが、補償内容は異なっています。

海外旅行傷害保険の比較
券種 ビジネス・カード ビジネス・ゴールド
付帯条件 利用付帯 自動付帯
一部利用付帯
傷害死亡・
後遺障害
5,000万円 1億円
  • 自動付帯
    5,000万円
  • 利用付帯
    5,000万円
傷害治療費用 300万円 300万円
  • 自動付帯
    200万円
  • 利用付帯
    100万円
疾病治療費用 300万円 300万円
  • 自動付帯
    200万円
  • 利用付帯
    100万円
賠償責任 4,000万円 4,000万円
携行品損害 50万円
  • 1事故3,000円の自己負担
50万円
  • 1事故3,000円の自己負担
救援者費用 400万円 400万円
  • 自動付帯
    300万円
  • 利用付帯
    100万円
家族特約 カード会員の配偶者及びカード会員と生計を共にする子・両親も補償を受けれます。ただし、傷害死亡・後遺障害の最高補償額は1,000万円です。 カード会員の配偶者及びカード会員と生計を共にする子・両親も補償を受けれます。ただし、傷害死亡・後遺障害の最高補償額は1,000万円、傷害・疾病治療費用の最高補償額は200万円、救援者費用の最高補償額は300万円です。

アメックス・ビジネス・カードは、旅行代金などを事前にカード決済することを条件とする利用付帯です。一方のアメックス・ビジネス・ゴールドは、カード会員であるだけで適用される自動付帯です。

傷害死亡・後遺障害の最高補償額は、アメックス・ビジネス・カードが5千万円、アメックス・ビジネス・ゴールドが1億円と大きな差があります。

ただし、傷害・疾病治療費用、賠償責任、携行品損害、救援者費用の最高補償額は両カード同じです。

また、両カードとも家族特約が付いています。


国内旅行傷害保険は、どちらも利用付帯で、補償額も最高5,000万円と同額です。

国内旅行傷害保険の比較
券種 ビジネス・カード ビジネス・ゴールド
付帯条件 利用付帯
傷害死亡・
後遺障害
5,000万円
家族特約 カード会員の配偶者及びカード会員と生計を共にする子・両親も補償を受けれます。ただし、傷害死亡・後遺障害の最高補償額は1,000万円です。

以下は、アメックス・ビジネス・ゴールドだけに付帯している保険です。

アメックス・ビジネス・ゴールドだけの保険
キャンセル・プロテクション 突然の病気や怪我、急な出張などを理由に予約していた旅行をキャンセルしたり、チケットを購入済みのコンサートに行けなくなった場合、キャンセル費用などの損害を補償。
同行予定だった配偶者の分も補償されます。
年間最高補償額は10万円(キャンセル事由により補償額は変わります)。
自己負担額は1,000円又はキャンセル費用の10%相当額。
航空便遅延費用補償(国内旅行)
  • 乗継遅延費用
    最高2万円
  • 出航遅延、欠航、搭乗不能費用
    最高2万円
  • 受託手荷物遅延
    最高2万円
  • 受託手荷物紛失
    最高4万円

キャンセル・プロテクションは、旅行、演劇、コンサートなどを病気や出張などでキャンセルした時にキャンセル費の一部が補償されます。特に海外旅行のキャンセルは費用が高額となりやすいので、よく海外出張に行く方なら安心の保険です。

航空便遅延費用補償は国内旅行だけですが、航空機での国内出張が多い方だと災害などでのトラブル発生時には、追加の費用負担を軽減できます。

アメックス・ビジネス・ゴールドだけのサービス

アメックスカードには、多くの優待特典があります。特にアメックス・ビジネス・ゴールドには、アメックス・ビジネス・カードにはないサービスがたくさん付帯しています。

アメックス・ビジネス・ゴールドだけのサービス
会員制ビジネスラウンジ 取引先との商談に利用できるビジネスラウンジが用意されています。
  • ミーティング・スクエア
    帝国ホテルに用意されているアメリカン・エキスプレスのビジネス・カード会員限定のビジネスラウンジです。
    月会費20,000円(税別)
    予約制、1日最大2時間まで。
    同伴者1名まで無料。
ヘルスケア無料電話相談 24時間365日、無料で電話健康相談ができます。健康維持に関する質問だけでなく、医療機関の紹介も受けれます。
会員限定
イベント
ビジネス・ゴールド・カード会員向けのイベントに応募できます。ゲストを招き年数回開催。取引先との参加可能。
エアポート送迎サービス 海外旅行の出発・帰国時に提携タクシー会社の車をカード会員専用でチャーターし、利用可能地域内の指定の場所から空港間の送迎を割安の定額料金にて提供。
対象空港=成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港
アメリカン・エキスプレス JALオンライン JAL国内線航空券をオンラインで24時間365日予約・発券できる法人向けサービスです。
優待運賃での利用可能。
予約から精算まで一括管理でき、経理業務の効率化が可能。
外出先でもオンラインでの航空券の手配が可能。
レストラン予約代行・イベント
  • ビジネス・ダイニング by ぐるなび
    会食や接待にふさわしいレストランを経験豊富なコンシェルジュが、エリアや予算、人数などの希望に合わせて案内するサービスです。
  • ビジネス・カード会員限定イベント
    ビジネス・カード会員限定のイベントが用意されています。
京都観光
ラウンジ
京都市東山区の圓徳院でカードを提示すると、お茶の接待を受けれます。
ゴールド・
ワインクラブ
ワインに関する様々なサービスをゴールド・カード会員限定で提供。
手荷物無料宅配サービス
(東京駅)
東京駅構内の宅配カウンターで手荷物を預ければ、東京23区内の宿泊ホテルへ当日無料配送してもらえるサービス。事前の登録や予約は不要です。

航空機で国内出張に出かけることが多い方だと、アメリカン・エキスプレス JALオンラインは、出張旅費の削減や経費精算の効率化を図れて便利です。

また、レストラン予約代行・イベントは大切な取引先の接待に役立ちます。

その他の共通する付帯サービス

アメックス・ビジネス・カードとアメックス・ビジネス・ゴールドに共通して付帯しているサービスは以下の通りです。

その他の共通する付帯サービス
券種 ビジネス・カード ビジネス・ゴールド
四半期管理
レポート
「四半期ご利用集計」と「四半期ご利用明細」の2種類からなるレポートの送付サービスです。3ヶ月ごとの利用記録をカード会員別・利用内容の業種別に集計して送られます。
ご利用代金
明細書
1ヶ月に1度、ビジネス・カードを持つ社員ごとに、利用金額や店名、業種を日付順に記載して送付。「メンバーシップ・リワード」の獲得ポイントをはじめ新サービスや各種特典の案内、加盟店の最新情報などの案内もあります。
オンライン・
サービス
最新のカード利用額や、過去の利用代金明細書(PDF形式)の確認などをはじめとする様々なサービスを、いつでも安全でスピーディーにウェブサイト上で利用可能。また、利用明細をCSV、Excelファイル形式などでダウンロードすることもできます。
ビジネス・コンサルティング・サービス ビジネスの向上や業務改善を考える中小企業経営者・個人事業主のカード会員向けに適切な経営コンサルタントを紹介します。
簡単な経営相談を受け付ける窓口を用意。
その他ビジネスのノウハウをまとめたCD/DVD、セミナーなどの料金の優待もあります。
ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」(登録制) 「帝国データバンク」や「東京商工リサーチ」のデータベースから企業情報などをオンライン上で取得できる登録制のサービスです。
ビジネス情報調査代行サービス (登録制) 国内外の企業の情報、マーケティング情報などの検索・調査を代行し、結果をレポート形式で報告する登録制のサービスです。
ライフサポート・サービス「クラブオフ」 75,000以上の契約施設を特別料金で利用できる福利厚生プログラム「クラブオフ」のVIP会員年間登録料が無料。
空港ラウンジ
サービス
国内外30ヶ所の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用できます。
手荷物無料宅配サービス 海外旅行の際、スーツケース1個を自宅から空港までと空港から自宅まで無料で配達します。
対象空港=成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港
大型手荷物宅配優待特典 海外旅行の際、自転車、ダンボール、スキー、サーフボードなど、大きな手荷物を預かってもらえるサービスです。カード会員1名につき、JALエービーシーの公示価格より1,000円(税込)割引。
  • 対象空港
    成田国際空港、羽田空港(国際ターミナル)、中部国際空港
  • サイズ
    手荷物の縦・横・高さの合計が160cm~240cmまで
  • 重量
    30㎏~50㎏まで
空港パーキング 空港周辺のアクセス良好な場所で、旅行中に車を安全かつ低価格で預かってもらえます。
無料ポーターサービス 出発時は空港の駅改札付近の指定場所やバス停からチェックインカウンターまで、帰国時は到着ロビーから駅改札付近の指定場所やバス停まで、専任スタッフに荷物を運んでもらえます。
対象空港=成田国際空港(第1ターミナル、第2ターミナル)、関西国際空港
空港クローク
サービス
乗継便の待ち時間などに、空港内手荷物預かり所にて荷物を無料で預かってもらえます。
対象空港=中部国際空港
アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン ホテル、レンタカー、国際線航空券のオンライン予約が可能なカード会員専用の旅行予約サイト。ウェブサイト内で直接メンバーシップ・リワードのポイントを旅行代金の支払いに充当できます。
H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク 大手旅行会社のH.I.Sが運営する「H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク」に電話1本で海外・国内の旅行の手配を依頼できます。
海外旅行先での日本語サポート 海外旅行先でのレストラン予約や医療機関の紹介などのサポートを受けれます。電話対応は日本語なので安心。
海外用レンタル携帯電話 海外用レンタル携帯電話をレンタル料半額、通話料も通常の10%割引で利用可能。
対象空港=成田国際空港、関西国際空港
トラベル・サービス・ロケーション 世界中のサービス拠点で旅のサポートを受けれます。
レンタカーの国内利用 指定のレンタカー会社でのレンタカー利用が国内に限り基本料金5%割引。
アメリカン・エキスプレス・セレクト ショッピング、旅行、食事など、国内外のアメリカン・エキスプレスの加盟店が提供する多彩な特典を利用できます。
アメリカン・エキスプレス・コネクト カード会員限定の優待特典、キャンペーン情報などを閲覧できるウェブサイト「アメリカン・エキスプレス・コネクト」が用意されています。
ダイニング・
トレンド
最新トレンドから会員特典まで掲載された「食」のポータルサイトです。
チケット・アクセス e+(イープラス)との提携により、アメリカン・エキスプレスのカード会員限定で、様々なエンターテインメントのチケットを先行販売します。
ゴルフデスク 全国1,100以上のゴルフ場および海外(ハワイ、グアム、サイパン)のスタート予約を無料でできます。

ご利用代金明細書は、1ヶ月に1度、カードを持つ社員ごとに利用内容が送付されるので、各社員ごとのカードの利用状況の確認ができます。

また、四半期管理レポートは、3ヶ月ごとのカード利用記録で、カード会員別・利用内容の業種別に集計されているので、予算実績管理に役立ちます。

他にビジネス・コンサルティング・サービス、オンライン・サービス、ビジネス情報調査代行サービスなども用意されています。

追加カードの比較

アメックス・ビジネス・カードもアメックス・ビジネス・ゴールドも以下のカードを追加できます。

追加カードの比較
券種 ビジネス・カード ビジネス・ゴールド
追加カード 6,000円(税別) 12,000円(税別)
ETCカード 新規発行手数料850円(税別)
年会費無料
JR東海エクスプレス予約サービス 1,000円(税別)

追加カードの年会費は、アメックス・ビジネス・カードが6千円(税別)、アメックス・ビジネス・ゴールドが1万2千円(税別)です。

アメックス・ビジネス・カードの方が追加カードの年会費は安いですが、本会員の年会費との比較だとアメックス・ビジネス・ゴールドの方が割安です。

追加カードを多く作る予定の場合は、アメックス・ビジネス・カードの方が年会費を安く抑えられるのでおすすめです。

まとめ

まだ事業用クレジットカードを持っていない個人事業主や法人代表者の方は、アメックス・ビジネス・カードに申込むのが無難です。


一方、すでに事業用のゴールドカードを持っている場合には、アメックス・ビジネス・カードだと、ほぼ同じサービス内容になりますから、ワンランク上のアメックス・ビジネス・ゴールドを選ぶことをおすすめします。