HOME > AMEX >

 

アメックスゴールドとSPGアメックスの年会費、特典、保険を比較。違いを知って自分に合ったカードに申込み。

アメリカン・エキスプレス・カードが発行するゴールドカードは、数種類ありますが、その中で最もポピュラーなのがアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)です。

また、ゴールド券面ではないものの、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)もアメックスゴールドと似たサービスが付帯しています。

SPGアメックスは、SPG/マリオット リワードの29のホテルブランドで優待サービスを受けられる点が、アメックスゴールドとの大きな違いですが、それ以外の部分でどの程度両者のサービスが異なっているのかは、じっくりと比較してみないとわからないでしょう。

そこで、ここでは申込みの参考となるよう、アメックスゴールドとSPGアメックスを年会費、サービス内容、付帯保険など、様々な角度から比較します。

年会費

まずは年会費を比較しましょう。

年会費の比較
券種 アメックスゴールド SPGアメックス
年会費 29,000円(税別) 31,000円(税別)

どちらもほぼ同じくらいですが、SPGアメックスが2,000円だけ高くなっています。SPGの特典を利用できる分だけ年会費が高くなっていると考えれば、両者の年会費に大きな差はないと言えます。

ポイント

次にポイントプログラムを比較します。

ポイント還元の比較

アメックスゴールドに付帯しているポイントプログラムは、メンバーシップ・リワードです。一方のSPGアメックスで獲得できるのは、SPG/マリオット リワードのポイントです。

ポイント還元の比較
券種 アメックスゴールド SPGアメックス
ポイント還元
  • 通常
    100円=1ポイント
  • 通常
    100円=3ポイント
  • SPG参加ホテルまたはリゾート
    1米ドル=12.5ポイント
ボーナス
ポイント
入会キャンペーン実施時はボーナスポイントがプレゼントされる場合があります。 入会後3ヶ月以内に合計100,000円以上のカード利用で、30,000ポイントをプレゼント。

アメックスゴールドは100円のカード利用ごとに1ポイント、SPGアメックスは100円のカード利用ごとに3ポイント還元です。

なお、SPGアメックスはSPG/マリオット リワードの参加ホテルだと、1米ドルにつき12.5ポイント貯まります。

ポイント利用の比較

次にポイントの使い道を比較します。

ポイント利用の比較
券種 アメックスゴールド SPGアメックス
ポイント交換
  • SPG/マリオット リワードのポイント
    2,000ポイント→990ポイント
  • 航空各社のマイル
    2,000ポイント→1,000マイル
ポイントは無料宿泊券、航空券、航空各社のマイルに交換できます。

  • 航空各社のマイル
    3ポイント→1マイル
一度に60,000ポイントをマイルと交換すると15,000ポイントがプレゼントされます。
ポイント
フリーダム
ポイントを代金の支払いに利用できます。
  • カード代金の支払
    1ポイント=0.3円
  • トラベルオンライン
    1ポイント=0.4円

メンバーシップ・リワード・プラスに登録すると交換レートが上がります。
  • 航空会社
    1ポイント=1円
  • ホテル・旅行
    1ポイント=0.8円
  • 旅行関連以外
    1ポイント=0.5円
なし

アメックスゴールドで獲得したポイントは、2,000ポイントをSPG/マリオット リワードのポイント990ポイントと交換可能です。ポイント還元は、アメックスゴールドが100円ごとに1ポイント、SPGアメックスが100円ごとに3ポイントなので、アメックスゴールドで獲得したポイントをSPG/マリオット リワードのポイントに交換した場合、大幅にポイント還元率が下がります。

アメックスゴールドで2,000ポイントを獲得しようと思ったら20万円のカード利用が必要です。一方、SPGアメックスで990ポイント貯めるためには、3万3千円のカード利用で済みますからね。

アメックスゴールドは、年間3,000円(税別)を負担してメンバーシップ・リワード・プラスに登録すると交換レートが上がりますが、それでも、1,000ポイントが990ポイントに交換できるだけなので、やはり還元率はSPGアメックスよりも悪くなります。

ただし、SPGアメックスで貯めたポイントは基本的にSPGで利用することになるのに対して、アメックスゴールドで貯めたポイントは、カード代金の支払い、アメリカン・エキスプレス・トラベルオンラインでの代金の支払いに充当できるなど、利用範囲が広いです。

また、アメックスゴールドのポイントは、他社ポイントへの移行もできるので、ポイント利用の汎用性ではSPGアメックスよりも上です。

航空会社のマイルと交換する場合、アメックスゴールドは2ポイントで1マイルですから100円のカード利用で0.5マイルの計算です。一方のSPGアメックスは、基本的に3ポイントで1マイル、100円のカード利用で1マイルの計算です。したがって、ポイントをマイルに移行する場合はSPGアメックスが有利となります。

アメックスゴールドもメンバーシップ・リワード・プラスに登録するとマイルへの移行レートが1,250ポイントが1,000マイルにアップします。それでも、SPGアメックスの方がマイルへの移行レートは優秀ですね。

ポイント有効期限の比較

ポイントの有効期限は以下の通りです。

ポイント有効期限の比較
券種 アメックスゴールド SPGアメックス
ポイント
有効期限
最長3年
ポイント交換で無期限
無期限

SPGアメックスが無期限なので、アメックスゴールドよりも優遇されています。ただ、アメックスゴールドも一度でもポイントをアイテムに交換すれば、以後はポイントを無期限で貯めれますから、両者に大きな違いはありません。

付帯保険の比較

アメックスゴールドとSPGアメックスに付帯している保険は、大部分が共通しています。

共通する保険
不正プロテクション 不正使用と判明したカード取引については、原則として損害が補償されます。ただし、カード会員に重過失がある場合は補償対象外。
ショッピング・プロテクション カード利用で購入した商品の偶然な事故による損害について、商品購入日から90日間補償。
年間最高500万円。
免責金額は1事故につき1万円。
ショッピング・プロテクション全体で年間最高10億円。
キャンセル・プロテクション 突然の病気や怪我、急な出張などを理由に予約していた旅行をキャンセルしたり、チケットを購入済みのコンサートに行けなくなった場合、キャンセル費用などの損害を補償。
同行予定だった配偶者の分も補償されます。
年間最高補償額は10万円(キャンセル事由により補償額は変わります)。
自己負担額は1,000円又はキャンセル費用の10%相当額。
オンライン・プロテクション インターネット上での不正使用による損害を全額補償。
リターン・プロテクション 未使用かつ故障・損傷なく正常に機能する商品を購入店に返品しようとした際、購入店が返品を拒否した場合に限り、購入日から90日以内であれば購入金額の返却を受けれます。
1商品につき最高3万円。
年間最高15万円。
要商品返却。
カード緊急
再発行
万一カードの紛失、盗難に遭った場合でも、カード会社に連絡すれば新しいカードが無料で再発行されます。
海外旅行
傷害保険
自動付帯。一部、旅行代金などを事前にカード決済した場合に適用される利用付帯。
  • 傷害死亡・後遺障害:自動付帯5,000万円、利用付帯5,000万円(最高1億円)
  • 傷害治療費用:自動付帯200万円、利用付帯100万円(最高300万円)
  • 疾病治療費用:自動付帯200万円、利用付帯100万円(最高300万円)
  • 賠償責任:最高4,000万円
  • 携行品損害:最高50万円(1事故3,000円の自己負担、年間100万円限度)
  • 救援者費用:自動付帯300万円、利用付帯100万円(最高400万円)
家族特約
カード会員の配偶者及びカード会員と生計を共にする子・両親も補償を受けれます。ただし、傷害死亡・後遺障害の最高補償額は1,000万円、傷害・疾病治療費用の最高補償額は200万円、救援者費用の最高補償額は300万円です。
国内旅行
傷害保険
旅行代金などを事前にカード決済した場合に適用される利用付帯。
  • 傷害死亡・後遺障害:最高5,000万円
家族特約
カード会員の配偶者及びカード会員と生計を共にする子・両親も補償を受けれます。ただし、傷害死亡・後遺障害の最高補償額は1,000万円です。

なお、アメックスゴールドは上記の他に航空便遅延費用補償が付帯しています。

アメックスゴールドだけの保険
航空便遅延費用補償(海外旅行)
  • 乗継遅延費用
    最高2万円
  • 出航遅延、欠航、搭乗不能費用
    最高2万円
  • 受託手荷物遅延
    最高2万円
  • 受託手荷物紛失
    最高4万円

保険だけの比較だとアメックスゴールドが若干優れていますが、両者にそれほど大きな差はありません。頻繁に海外旅行に出かける場合には、運悪く航空機の遅延に遭遇することもあるでしょうから、ビジネスやプライベートで海外に出かける機会が多い方ならアメックスゴールドを選ぶ方が良いでしょう。

SPGアメックスだけのサービス

SPGアメックスにしか付帯していないサービスには以下のものがあります。

SPGアメックスだけのサービス
ゴールド
エリート
通常、25泊以上の宿泊を達成した場合に付与されるSPG/マリオット リワード共通の会員資格「ゴールドエリート」を提供。

  • 無料宿泊特典
    カードを継続する度に世界各地のSPGおよびマリオット リワード参加ホテル(交換レート1泊50,000ポイントまで)で利用できる1泊1室(2名様まで)の無料宿泊特典をプレゼント。祝日や大規模なイベント開催期間中でも、スタンダード ルームに空室がある限り、「無料宿泊特典」を利用できます。
  • ポイントによるウェルカムギフト
    250~500ポイント、ホテルブランドにより異なる。
  • チェックアウト時間の延長
    14時
  • ポイント25%ボーナス
    SPGおよびマリオットリワード参加ホテルの利用によるポイント獲得数が25%増しになります。
    1米ドル=12.5ポイント
  • エリート会員資格取得用クレジット
    カードを継続する度にSPGより5泊分の宿泊実績をプレゼント。より早くプラチナ会員資格の取得が可能です。
  • 日本国内のSPG参加ホテル内直営レストラン&バーでの利用が15%オフ。

SPGのゴールドエリートの取得はハードルが高いので、SPGアメックスの会員にゴールドエリートが付与されるのは大きなメリットです。さらに年間50泊以上の宿泊でプラチナエリートを取得できるのですが、SPGアメックスの会員は、最初から5泊分以上の宿泊実績が付いてくるので、プラチナエリートを目指す方にも魅力的です。

アメックスゴールドだけのサービス

アメックスゴールドにしか付帯していないサービスには以下のものがあります。

アメックスゴールドだけのサービス
プライオリティ・パス 国内外850ヶ所の空港ラウンジを32米ドルで利用できるプライオリティ・パス・メンバーシップに年会費無料で登録できます。同伴者もカード会員と同額でラウンジを利用できます。
年間2回までラウンジ利用料が無料。
ゴールド・ダイニング by 招待日和 国内外約200店のレストランで、所定のコースメニューを2名以上で予約すると1名分が無料となります。
Taste from American Express Invites レストラン優待 世界中から厳選した400以上のレストランで、優待特典を利用できます。飲食代金の20%OFF、ボトルワインのサービスなどの特典もあり。
プリファード・ゴルフ 世界70ヶ所以上の提携ホテルに2泊以上宿泊すると、ホテルが契約するゴルフコースのプレー代(1ラウンド / 1名分)が無料になるプログラム。通常年会費295米ドルのところ、無料で登録できます。

プライオリティ・パスのスタンダード会員は年間99米ドルが必要ですが、これが無料です。

また、コースメニューが1名分無料になるサービス、レストランでの飲食代金が20%割引になるサービスもあるので、グルメな方にはアメックスゴールドがおすすめです。

海外旅行でゴルフをすることが多い方には、1ラウンドが無料になるプリファード・ゴルフも魅力的ですね。

その他の共通する付帯サービス

以下のサービスは、アメックスゴールドにもSPGアメックスにも付帯しています。

その他の共通する付帯サービス
空港ラウンジ
サービス
国内外30ヶ所の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用できます。
手荷物無料宅配サービス 海外旅行の際、スーツケース1個を自宅から空港までと空港から自宅まで無料で配達します。
対象空港=成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港
エアポート送迎サービス 海外旅行の出発・帰国時に提携タクシー会社の車をカード会員専用でチャーターし、利用可能地域内の指定の場所から空港間の送迎を割安の定額料金にて提供。
対象空港=成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港
空港パーキング 空港周辺のアクセス良好な場所で、旅行中に車を安全かつ低価格で預かってもらえます。
無料ポーターサービス 出発時は空港の駅改札付近の指定場所やバス停からチェックインカウンターまで、帰国時は到着ロビーから駅改札付近の指定場所やバス停まで、専任スタッフに荷物を運んでもらえます。
対象空港=成田国際空港(第1ターミナル、第2ターミナル)、関西国際空港
空港クローク
サービス
乗継便の待ち時間などに、空港内手荷物預かり所にて荷物を無料で預かってもらえます。
対象空港=中部国際空港
アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン ホテル、レンタカー、国際線航空券のオンライン予約が可能なカード会員専用の旅行予約サイト。
H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク 大手旅行会社のH.I.Sが運営する「H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク」に電話1本で海外・国内の旅行の手配を依頼できます。
エアポート・ミール(国内線) H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクで本特典の対象となる国内線航空券を購入すると、羽田・伊丹空港内の対象飲食店にて搭乗当日に利用できるエアポート・ミール・クーポン(1,000円相当分)がもらえます。
カーシェアリングサービス カーシェアリングサービス「タイムズ カー プラス」の会員カード発行手数料が無料。
海外旅行先での日本語サポート 海外旅行先でのレストラン予約や医療機関の紹介などのサポートを受けれます。電話対応は日本語なので安心。
海外用レンタル携帯電話 海外用レンタル携帯電話をレンタル料半額、通話料も通常の10%割引で利用可能。
対象空港=成田国際空港、関西国際空港
トラベル・サービス・ロケーション 世界中のサービス拠点で旅のサポートを受けれます。
レンタカーの国内利用 指定のレンタカー会社でのレンタカー利用が国内に限り基本料金5%割引。
京都観光
ラウンジ
京都市東山区の圓徳院でカードを提示すると、お茶の接待を受けれます。
ゴールド・
ワインクラブ
ワインに関する様々なサービスをゴールド・カード会員限定で提供。
アメリカン・エキスプレス・セレクト ショッピング、旅行、食事など、国内外のアメリカン・エキスプレスの加盟店が提供する多彩な特典を利用できます。
アメリカン・エキスプレス・コネクト カード会員限定の優待特典、キャンペーン情報などを閲覧できるウェブサイト「アメリカン・エキスプレス・コネクト」が用意されています。
ダイニング・
トレンド
最新トレンドから会員特典まで掲載された「食」のポータルサイトです。
チケット・アクセス e+(イープラス)との提携により、アメリカン・エキスプレスのカード会員限定で、様々なエンターテインメントのチケットを先行販売します。

他ブランドのゴールドカードに付帯しているサービスはもちろんのこと、アメックスにしかないサービスもありますね。

家族カードの比較

アメックスゴールドもSPGアメックスも家族カードを追加できます。

家族カードの比較
券種 アメックスゴールド SPGアメックス
年会費 12,000円(税別)
2枚以上で1枚目無料
15,500円(税別)

家族カードはアメックスゴールドの方が年会費が安く、しかも2枚以上作る場合には1枚目が無料になるので、SPGアメックスよりもお得です。

まとめ

アメックスゴールドもSPGアメックスも多くの点で共通しています。

SPG/マリオット リワードのホテルに宿泊することが多い方はSPGアメックスが魅力的だと思います。ただ、SPGアメックスを選ぶと、プライオリティ・パスへの無料登録やゴールド・ダイニング by 招待日和などのサービスを諦めなければなりません。

どうしても、SPGのゴールドエリートが欲しい方はSPGアメックスを選ぶ方が良いですが、そうでないならアメックスゴールドを選ぶ方が無難です。