HOME > AMEX >

 

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードとゴールド・カードを年会費、保険、特典ごとに比較。ゴールド・カードのメリットやデメリットも解説。

アメリカン・エキスプレス・カードには、デルタ航空の各種サービスを利用できるクレジットカードが2種類用意されています。

1枚は、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードで、もう1枚はデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードです。前者は一般カード、後者はゴールドカードという位置づけで、付帯サービスは、当然、デルタアメックスゴールドの方が充実しています。

したがって、デルタアメックスゴールドを持つ方が得となりそうですが、年会費を考慮すると必ずしもデルタアメックスゴールドがおすすめとはなりません。

デルタアメックスカードに申込むか、デルタアメックスゴールドに申込むかは、それぞれの付帯サービスを比較し、年会費に見合っているかを検討することが大切です。

年会費

まずは年会費を比較しましょう。

年会費の比較
券種 デルタAMEXカード デルタAMEXゴールド
年会費 12,000円(税別) 26,000円(税別)

年会費を比較すると、デルタアメックスカードよりも、デルタアメックスゴールドの方が2倍以上高くなっています。

デルタアメックスゴールドに申込むべきかどうかは、26,000円(税別)の年会費に見合うサービスがあるか、また、そのサービスを有効に利用できるかをチェックしなければなりません。

スカイマイルの比較

次にスカイマイルを比較しましょう。

どちらも、カード利用でデルタ航空のスカイマイルが積算されます。カードショッピングでもスカイマイルが貯まるので、他のクレジットカードのように貯めたポイントをスカイマイルに移行する手間はありませんし、移行のための参加費等の支払いも必要ありません。

マイルの積算の比較

スカイマイルの積算は以下の通りです。

マイル積算の比較
券種 デルタAMEXカード デルタAMEXゴールド
マイル積算
  • 通常
    100円=1マイル
  • デルタ航空
    2倍
  • 通常
    100円=1マイル
  • デルタ航空
    3倍
  • 海外
    1.25倍
ボーナスマイル
  • 入会ボーナスマイル
    5,000マイル
  • デルタ航空ファーストフライトボーナスマイル
    ビジネスクラス:25,000マイル
    エコノミークラス:10,000マイル
  • カードご利用ボーナス
    100万円利用ごとに3,000マイル
  • ご継続ボーナスマイル
    2,000マイル
  • 入会ボーナスマイル
    8,000マイル
  • デルタ航空ファーストフライトボーナスマイル
    ビジネスクラス:25,000マイル
    エコノミークラス:10,000マイル
  • カードご利用ボーナス
    100万円利用ごとに5,000マイル
  • ご継続ボーナスマイル
    3,000マイル

どちらも、カードショッピングでは、100円ごとに1マイルの積算です。しかし、デルタ航空でのカード利用は、デルタアメックスカードが2倍還元なのに対して、デルタアメックスゴールドは3倍還元となっており、スカイマイルの積算率が1.5倍優遇されています。

また、デルタアメックスゴールドは、海外でのカード利用の場合、スカイマイルの積算率が1.25倍にアップします。

したがって、デルタ航空を利用して海外旅行に出かける頻度が多い場合には、デルタアメックスゴールドの方が、より多くのマイルを獲得できます。

ボーナスマイルも、デルタアメックスゴールドが優遇されています。デルタアメックスカードとの比較では、100万円のカード利用ごとに2,000マイル、毎年のカード継続時に1,000マイル多くボーナスマイルがプレゼントされます。1マイルの価値を2円とした場合、毎年100万円のカード利用があれば、デルタアメックスゴールドの方が約6,000円得する計算です。

なお、スカイマイルの有効期限はどちらも無期限なので、両者に差はありません。

マイル有効期限の比較
券種 デルタAMEXカード デルタAMEXゴールド
ポイント/マイル
有効期限
無期限 無期限

付帯保険の比較

次に付帯保険を比較しましょう。

クレジットカードの年会費の差は、付帯保険の充実度に表れますから、じっくりと比較しなければなりません。

デルタ航空を利用する機会が多い方は、海外旅行に出かけることが多い方ですから、海外旅行傷害保険は、しっかりと確認しておきたいですね。

海外旅行傷害保険の比較
券種 デルタAMEXカード デルタAMEXゴールド
付帯条件 利用付帯 自動付帯
一部利用付帯
傷害死亡・
後遺障害
5,000万円 1億円
  • 自動付帯
    5,000万円
  • 利用付帯
    5,000万円
傷害治療費用 100万円 300万円
  • 自動付帯
    200万円
  • 利用付帯
    100万円
疾病治療費用 100万円 300万円
  • 自動付帯
    200万円
  • 利用付帯
    100万円
賠償責任 3,000万円 4,000万円
携行品損害 30万円
  • 1事故3,000円の自己負担
  • 年間100万円限度
50万円
  • 1事故3,000円の自己負担
  • 年間100万円限度
救援者費用 200万円 400万円
  • 自動付帯
    300万円
  • 利用付帯
    100万円
家族特約 カード会員の配偶者及びカード会員と生計を共にする子・両親も補償を受けれます。ただし、傷害死亡・後遺障害の最高補償額は1,000万円です。 カード会員の配偶者及びカード会員と生計を共にする子・両親も補償を受けれます。ただし、傷害死亡・後遺障害の最高補償額は1,000万円、傷害・疾病治療費用の最高補償額は200万円、救援者費用の最高補償額は300万円です。

海外旅行傷害保険で最初に注目すべきところは、付帯条件です。デルタアメックスカードは利用付帯、デルタアメックスゴールドは自動付帯です。

自動付帯はカード会員であれば保険が適用されますから、カードで旅費を支払うことを条件とする利用付帯よりも便利です。したがって、付帯条件では、自動付帯のデルタアメックスゴールドの方が上です。また、デルタアメックスゴールドで旅費を支払うと、最高1億円まで補償額がアップするので、最高5,000万円の補償のデルタアメックスカードより2倍の安心感を得られます。

家族特約は、どちらにも付いていますが、補償額はデルタアメックスゴールドが高くなっています。


次に国内旅行傷害保険を比較します。

国内旅行傷害保険の比較
券種 デルタAMEXカード デルタAMEXゴールド
付帯条件 利用付帯
傷害死亡・
後遺障害
5,000万円
家族特約 カード会員の配偶者及びカード会員と生計を共にする子・両親も補償を受けれます。ただし、傷害死亡・後遺障害の最高補償額は1,000万円です。

上の表を見ればわかるように両者で差はありません。付帯条件も両方とも利用付帯ですから、カードで事前に旅費の支払いが必要です。

デルタアメックスゴールドは、ゴールドカードですから、国内旅行傷害保険も自動付帯であって欲しいのですが、一般カードと同じ扱いです。


その他の付帯保険で、補償の条件が同じものを以下にまとめました。

共通する保険
券種 デルタAMEXカード デルタAMEXゴールド
不正プロテクション 不正使用と判明したカード取引については、原則として損害が補償されます。ただし、カード会員に重過失がある場合は補償対象外。
ショッピング・プロテクション カード利用で購入した商品の偶然な事故による損害について、商品購入日から90日間補償。
年間最高500万円。
免責金額は1事故につき1万円。
ショッピング・プロテクション全体で年間最高10億円。
リターン・プロテクション 未使用かつ故障・損傷なく正常に機能する商品を購入店に返品しようとした際、購入店が返品を拒否した場合に限り、購入日から90日以内であれば購入金額の返却を受けれます。
1商品につき最高3万円。
年間最高15万円。
要商品返却。
オンライン・プロテクション インターネット上での不正使用による損害を全額補償。
カード緊急
再発行
万一カードの紛失、盗難に遭った場合でも、カード会社に連絡すれば新しいカードが無料で再発行されます。

上記の保険は、デルタアメックスに限らず、その他のアメックスカードにも付帯しているので、特筆すべき点はありません。


デルタアメックスゴールドだけに付帯している保険には、キャンセル・プロテクションがあります。

デルタAMEXゴールドだけの保険
キャンセル・プロテクション 突然の病気や怪我、急な出張などを理由に予約していた旅行をキャンセルしたり、チケットを購入済みのコンサートに行けなくなった場合、キャンセル費用などの損害を補償。
同行予定だった配偶者の分も補償されます。
年間最高補償額は10万円(キャンセル事由により補償額は変わります)。
自己負担額は1,000円又はキャンセル費用の10%相当額。

年に何度も海外旅行に出かける方なら、どうしても旅行をキャンセルしなければならない事態が発生することがあります。その場合、高額のキャンセル料を負担することもありますから、キャンセル・プロテクションが付帯しているデルタアメックスゴールドを持っていると損失を軽減できますね。

デルタ航空のサービス比較

デルタアメックスカードとデルタアメックスゴールドともにデルタ航空で以下のサービスを受けれます。

デルタ航空の共通するサービス
券種 デルタAMEXカード デルタAMEXゴールド
メダリオン 入会特典としてスカイマイル会員にのみ提供される上級会員資格「シルバーメダリオン」を提供。
デルタ航空の購入航空券の運賃1米ドルにつき7マイルが積算されます(スカイマイル一般会員は5マイル)。
入会特典としてスカイマイル会員にのみ提供される上級会員資格「ゴールドメダリオン」を提供。
デルタ航空の購入航空券の運賃1米ドルにつき8マイルが積算されます(スカイマイル一般会員は5マイル)。
優先チェックイン デルタ航空を利用の際、利用座席クラスに関わらず専用のビジネスエリート/ビジネスクラス、またはファーストクラス用チェックインエリアを利用できます。
優先空席待ち 予約の際に希望の搭乗クラスに空席がない場合は、購入航空券についてキャンセル待ちの順位が優遇されます。
デルタ・コンフォートプラス デルタ航空の一部国際線路線で利用できるワンランク上のサービス。
エコノミークラスに比べて足元が広く、リクライニング角度も大きな座席を利用できます。
頭上の荷物棚の専用スペースやデルタスタジオのプレミアムエンターテインメントを追加料金なしで利用可能。

上記のように両カードで大きな差はありません。

ただし、メダリオン資格は、デルタアメックスカードがシルバーメダリオンなのに対して、デルタアメックスゴールドはゴールドメダリオンです。

ゴールドメダリオンの方が、デルタ航空での航空券の購入1米ドルにつき1マイル多く積算されるので、より多くのマイルの獲得が可能です。しかし、1,000米ドルの支払いでも1,000マイルの差でしかないので、年1回だけデルタ航空に搭乗して海外旅行に出かける程度なら、デルタアメックスカードで十分です。


ただ、デルタアメックスゴールドには以下のサービスも付帯しています。

デルタAMEXゴールドだけのサービス
スカイチーム・ラウンジ デルタ航空を含むスカイチーム加盟航空会社運航の国際便の利用、または国際線利用の前後に乗り継ぎ便としてスカイチーム加盟航空会社運航の国際線を同日利用の際、搭乗クラスにかかわらず、デルタ航空空港ラウンジ「デルタスカイクラブ」を含むスカイチーム・ラウンジをカード会員本人と同伴者1名まで無料で利用できます。
デルタ航空スカイ プライオリティ 空港内のすべての手続きを優先的に行え、スムーズに搭乗できます。

航空機の乗り継ぎの待ち時間が長い場合、スカイチーム・ラウンジを利用できるのは大きなメリットです。搭乗クラスにかかわらず、デルタアメックスゴールドの会員ならラウンジを利用できる点も魅力的です。

その他の付帯サービスの比較

デルタ航空以外のサービスを比較してみましょう。

その他の付帯サービスの比較
券種 デルタAMEXカード デルタAMEXゴールド
空港ラウンジ
サービス
国内外30ヶ所の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用できます。
手荷物無料宅配サービス 海外旅行からの帰国時、スーツケース1個を空港から自宅まで無料で配達します。
対象空港=成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港
海外旅行の際、スーツケース1個を自宅から空港までと空港から自宅まで無料で配達します。
対象空港=成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港
空港パーキング 空港周辺のアクセス良好な場所で、旅行中に車を安全かつ低価格で預かってもらえます。
無料ポーターサービス 出発時は空港の駅改札付近の指定場所やバス停からチェックインカウンターまで、帰国時は到着ロビーから駅改札付近の指定場所やバス停まで、専任スタッフに荷物を運んでもらえます。
対象空港=成田国際空港(第1ターミナル、第2ターミナル)、関西国際空港
空港クローク
サービス
乗継便の待ち時間などに、空港内手荷物預かり所にて荷物を無料で預かってもらえます。
対象空港=中部国際空港
H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク 大手旅行会社のH.I.Sが運営する「H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク」に電話1本で海外・国内の旅行の手配を依頼できます。
エアポート・ミール(国内線) H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクで本特典の対象となる国内線航空券を購入すると、羽田・伊丹空港内の対象飲食店にて搭乗当日に利用できるエアポート・ミール・クーポン(1,000円相当分)がもらえます。
無料ポーターサービス 出発時は空港の駅改札付近の指定場所やバス停からチェックインカウンターまで、帰国時は到着ロビーから駅改札付近の指定場所やバス停まで、専任スタッフに荷物を運んでもらえます。
対象空港=成田国際空港(第1ターミナル、第2ターミナル)、関西国際空港
アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン ホテル、レンタカー、国際線航空券のオンライン予約が可能なカード会員専用の旅行予約サイト。
カーシェアリングサービス カーシェアリングサービス「タイムズ カー プラス」の会員カード発行手数料が無料。
海外旅行先での日本語サポート 海外旅行先でのレストラン予約や医療機関の紹介などのサポートを受けれます。電話対応は日本語なので安心。
海外用レンタル携帯電話 海外用レンタル携帯電話をレンタル料半額、通話料も通常の10%割引で利用可能。
対象空港=成田国際空港、関西国際空港
トラベル・サービス・ロケーション 世界中のサービス拠点で旅のサポートを受けれます。
レンタカーの国内利用 指定のレンタカー会社でのレンタカー利用が国内に限り基本料金5%割引。
アメリカン・エキスプレス・セレクト ショッピング、旅行、食事など、国内外のアメリカン・エキスプレスの加盟店が提供する多彩な特典を利用できます。
アメリカン・エキスプレス・コネクト カード会員限定の優待特典、キャンペーン情報などを閲覧できるウェブサイト「アメリカン・エキスプレス・コネクト」が用意されています。
ダイニング・
トレンド
最新トレンドから会員特典まで掲載された「食」のポータルサイトです。
チケット・アクセス e+(イープラス)との提携により、アメリカン・エキスプレスのカード会員限定で、様々なエンターテインメントのチケットを先行販売します。

上記のサービスは、大部分が両カードで共通しています。異なっているのは、手荷物無料宅配サービスで、デルタアメックスカードが帰宅時の利用のみ、デルタアメックスゴールドは出発と帰宅の両方で同サービスを利用可能です。


次にデルタアメックスゴールドだけに付帯しているサービスを以下に記します。

デルタAMEXゴールドだけのサービス
エアポート送迎サービス 海外旅行の出発・帰国時に提携タクシー会社の車をカード会員専用でチャーターし、利用可能地域内の指定の場所から空港間の送迎を割安の定額料金にて提供。
対象空港=成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港
京都観光
ラウンジ
京都市東山区の圓徳院でカードを提示すると、お茶の接待を受けれます。
ゴールド・
ワインクラブ
ワインに関する様々なサービスをゴールド・カード会員限定で提供。

上記サービスは、アメックスのゴールドカードならどのカードにも付帯しています。デルタアメックスゴールド特有のサービスではありませんが、海外旅行や京都旅行に出かける時にメリットがあるサービスですね。

家族カードの比較

デルタアメックスカードもデルタアメックスゴールドも家族カードを追加できます。

家族カードの比較
券種 デルタAMEXカード デルタAMEXゴールド
家族カード 6,000円(税別) 12,000円(税別)

デルタアメックスゴールドは、家族カード1枚でも12,000円(税別)と高額です。複数枚の家族カードを持ちたいけど、年会費の負担が気になるという方は、デルタアメックスカードに申込むのが無難ですね。

まとめ

デルタアメックスカードとデルタアメックスゴールドのどちらに申込むべきか悩んでいる場合は、以下の基準を参考にすると良いでしょう。

  • 年間100万円以上のカード利用が可能。
  • 年間2回以上デルタ航空を利用して海外旅行に行く予定がある。

両方の基準をクリアできるのであれば、デルタアメックスゴールドを持っていても、一般カードとゴールドカードの年会費の差14,000円(税別)を回収できる可能性が高いです。反対にどちらの基準もクリアできないのなら、デルタアメックスゴールドを持っていても、あまりメリットがないでしょう。

また、年間100万円以上のカード利用が無くてもデルタ航空に搭乗して2回以上海外旅行に出かけるのなら、ゴールドカードの付帯サービスを利用できますから、旅行中の満足度を優先する方はデルタアメックスゴールドを選ぶと良いでしょう。