HOME > AMEX >

 

ANAアメックスカードとANAアメックスゴールドカードの特典や付帯保険を比較。申込むならどちらがお得かメリットとデメリットを解説。

アメックスカードには、全日空(ANA)の特典が付いているクレジットカードが2枚あります。1枚はANAアメリカン・エキスプレス・カードで、もう1枚はその上位カードのANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードです。

特典や保険に関しては、ゴールド券面であるANAアメックスゴールドの方が優れていますが、その分、年会費がANAアメックスカードよりも高額になっています。

そのため、ANAアメックスカードとANAアメックスゴールドのどちらを選ぶかは、どの程度ANAを利用するかによって異なってきます。年間にわずかしかANAを利用しないのなら、ANAアメックスカードで十分ですし、毎月のようにANAに搭乗するのならANAアメックスゴールドを持っている方が特典を有効に利用できます。

ANAアメックスカードかANAアメックスゴールドか、どちらかに申込もうと思っている方は、年会費に見合うサービスを受けれるか、しっかりと検討したいですね。

年会費と登録費

まずはANAアメックスカードとANAアメックスゴールドの年会費と参加登録費を比較しましょう。

年会費と参加登録費の比較
券種 ANA AMEXカード ANA AMEXゴールド
年会費 7,000円(税別) 31,000円(税別)
参加登録費
(年間)
6,000円(税別) -
合計 13,000円(税別) 31,000円(税別)

年会費は、ANAアメックスゴールドが4倍以上も高くなっています。これだけ見ると、ANAアメックスカードにしようと思うでしょうが、ANAアメックスカードの場合、カード利用で貯めたポイントをANAマイルに移行するためにポイント移行コースに登録しなければなりません。ポイント移行コースには、年間6,000円(税別)の参加登録費が必要ですから、ANAアメックスカードの実質的な年会費は13,000円(税別)となります。

ただし、参加登録費はポイントをマイルに移行したい時に支払い、ポイント移行後に解約することが可能です。いったん登録すると、翌年も自動的に登録されるので、ポイント移行後は解約したい旨をアメックスに伝えましょう。

ポイントとマイル

次にポイントプログラムとマイルを比較しましょう。

ポイント還元とマイルの積算の比較

ポイント還元率とマイル積算率は以下の表の通りです。

ポイント還元とマイル積算の比較
券種 ANA AMEXカード ANA AMEXゴールド
ポイント還元
  • 通常
    100円=1ポイント
  • ANAグループ
    1.5倍
  • 通常
    100円=1ポイント
  • ANAグループ
    1.5倍
マイル積算
  • ANAカードマイルプラス
    100円=1マイル
  • ANAグルメマイル
    100円=最大2マイル
  • ANAカードマイルプラス
    100円=1マイル
  • ANAグルメマイル
    100円=最大2マイル
ボーナスマイル
  • ご搭乗ボーナスマイル
    区間毎の割り増し10%
  • ご入会・ご継続時のボーナスマイル
    1,000マイル
  • ご搭乗ボーナスマイル
    区間毎の割り増し25%
  • ご入会・ご継続時のボーナスマイル
    2,000マイル

ポイント還元率もマイル積算率も、両者で大きな差はありません。異なっているのは区間マイルの割り増し部分ですね。ANAアメックスカードは10%加算ですが、ANAアメックスゴールドは25%加算です。

年に1回や2回しか、ANAに乗らない方は、ANAアメックスゴールドを持っていても、それほど多くのマイルを獲得できませんから、そういう方はANAアメックスカードを選択するのが無難です。

ポイント利用の比較

貯めたポイントの使い道を見ていきましょう。

ポイント利用の比較
券種 ANA AMEXカード ANA AMEXゴールド
ポイント交換 1,000ポイント以上1,000マイル単位で無制限。 1,000ポイント以上1,000マイル単位で無制限。
ポイント
フリーダム
ポイントをカード利用後の支払代金に充当できます。
1ポイント=0.3円
最少使用可能ポイント=3,000ポイント

ポイント移行コースに登録すると旅行関連の加盟店での利用金額分の充当レートがアップします。
  • 航空会社
    1ポイント=1円
  • ホテル・旅館
    1ポイント=0.8円
  • 旅行関連以外
    1ポイント=0.3円
ポイントをカード利用後の支払代金に充当できます。最少使用可能ポイントは3,000ポイント

  • 航空会社
    1ポイント=1円
  • ホテル・旅館
    1ポイント=0.8円
  • 旅行関連以外
    1ポイント=0.3円

ポイントをANAマイレージクラブのマイルに移行する場合の条件は、両者とも同じで1,000ポイントを1,000マイルのレートで移行できます。年間の移行制限はどちらもなく、カードショッピングをすればするほど、多くのポイントをマイルと交換可能です。

ポイントフリーダムと呼ばれるキャッシュバックは、ANAアメックスゴールドの方が優れています。ANAアメックスカードは1ポイントを0.3円でしかキャッシュバックに利用できませんが、ANAアメックスゴールドは1ポイントを航空会社は1円、ホテルや旅館は0.8円、その他は0.3円でキャッシュバック可能です。

ANAアメックスカードもポイント移行コースに登録することで、ANAアメックスゴールドと同様の条件でキャッシュバックを受けれます。しかし、年間6,000円(税別)を負担しなければならないので、毎年1万円程度はキャッシュバックにポイントを充当できないと割に合いません。

ポイントとマイルの有効期限の比較

ポイントとマイルの有効期限も比較しておきましょう。

ポイントとマイルの有効期限の比較
券種 ANA AMEXカード ANA AMEXゴールド
ポイント
有効期限
最長3年
ポイント移行コース
に登録で無期限
無期限
マイル
有効期限
最長3年 最長3年

ANAアメックスカードのポイント有効期限が3年なので、ポイントもマイルも無期限のANAアメックスゴールドの方が優れています。ただ、ANAアメックスカードもポイント移行コースへの登録でポイント有効期限が無期限になりますから、この場合は両カードで差はありません。

付帯保険の比較

次にANAアメックスカードとANAアメックスゴールドの付帯保険を検討しましょう。

どちらにも共通して付帯している保険は以下の表の通りです。

共通する保険
券種 ANA AMEXカード ANA AMEXゴールド
不正プロテクション 不正使用と判明したカード取引については、原則として損害が補償されます。ただし、カード会員に重過失がある場合は補償対象外。
ショッピング・プロテクション カード利用で購入した商品の偶然な事故による損害について、商品購入日から90日間補償。
年間最高200万円。
免責金額は1事故につき1万円。
ショッピング・プロテクション全体で年間最高10億円。
カード利用で購入した商品の偶然な事故による損害について、商品購入日から90日間補償。
年間最高500万円。
免責金額は1事故につき1万円。
ショッピング・プロテクション全体で年間最高10億円。
オンライン・プロテクション インターネット上での不正使用による損害を全額補償。
カード緊急
再発行
万一カードの紛失、盗難に遭った場合でも、カード会社に連絡すれば新しいカードが無料で再発行されます。

ショッピング・プロテクションだけ補償内容が異なっています。ANAアメックスカードは最高200万円の補償に対して、ANAアメックスゴールドは最高500万円の補償です。

カードショッピング額が年間200万円以下であれば、どちらのカードを選んでも補償内容は同じです。また、200万円を超えるカードショッピングがあっても、全ての購入品に損害が発生することは通常考えられませんから、現実的には両カードで補償内容に差はないと言えます。


海外旅行傷害保険は、ANAアメックスカードとANAアメックスゴールドで補償内容が大きく異なっています。

海外旅行傷害保険の比較
券種 ANA AMEXカード ANA AMEXゴールド
付帯条件 利用付帯 自動付帯
一部利用付帯
傷害死亡・
後遺障害
3,000万円 1億円
  • 自動付帯
    5,000万円
  • 利用付帯
    5,000万円
傷害治療費用 100万円 300万円
  • 自動付帯
    200万円
  • 利用付帯
    100万円
疾病治療費用 100万円 300万円
  • 自動付帯
    200万円
  • 利用付帯
    100万円
賠償責任 3,000万円 4,000万円
携行品損害 30万円
  • 1事故3,000円の自己負担
  • 年間100万円限度
50万円
  • 1事故3,000円の自己負担
  • 年間100万円限度
救援者費用 200万円 400万円
  • 自動付帯
    300万円
  • 利用付帯
    100万円
家族特約 カード会員の配偶者及びカード会員と生計を共にする子・両親も補償を受けれます。ただし、傷害死亡・後遺障害の最高補償額は1,000万円です。 カード会員の配偶者及びカード会員と生計を共にする子・両親も補償を受けれます。ただし、傷害死亡・後遺障害の最高補償額は1,000万円、傷害・疾病治療費用の最高補償額は200万円、救援者費用の最高補償額は300万円です。

ANAアメックスカードは、旅行代金を事前にカードで支払うことを条件とする利用付帯なので、自動付帯のANAアメックスゴールドよりも使い勝手は悪いです。

また、補償額も、ANAアメックスカードはANAアメックスゴールドよりも少なくなっています。特に傷害治療費用と疾病治療費用が前者は最高100万円、後者は最高300万円と大きく異なっています。したがって、ANAアメックスカードだと、渡航先において怪我や病気で治療を受けた場合に医療費を十分にカバーできない可能性があります。

空港で追加の保険に加入すれば、怪我や病気の治療費をカバーできますが、年に何度も海外旅行に出かけるのであれば、大きな費用負担となります。

何年かに1回海外旅行に出かける程度なら、ANAアメックスカードで十分ですが、1年に2回以上は出張やプライベートで海外に出かける方は、ANAアメックスゴールドを選ぶことをおすすめします。


国内旅行傷害保険は、どちらのカードも傷害死亡・後遺障害の補償だけです。

国内旅行傷害保険の比較
券種 ANA AMEXカード ANA AMEXゴールド
付帯条件 利用付帯 利用付帯
傷害死亡・
後遺障害
2,000万円 5,000万円
家族特約 カード会員の配偶者及びカード会員と生計を共にする子・両親も補償を受けれます。ただし、傷害死亡・後遺障害の最高補償額は1,000万円です。 カード会員の配偶者及びカード会員と生計を共にする子・両親も補償を受けれます。ただし、傷害死亡・後遺障害の最高補償額は1,000万円です。

最高補償額は、ANAアメックスカードは2,000万円、ANAアメックスゴールドは5,000万円と大きな差となっています。

安心感の面では、ANAアメックスゴールドが優れていますが、発生する確率の低い傷害死亡・後遺障害の補償ですから、国内旅行傷害保険の補償内容の差には、それほどこだわらなくても良いでしょう。


最後にANAアメックスゴールドだけに付帯している保険を記しておきます。

ANA AMEXゴールドだけの保険
リターン・プロテクション 未使用かつ故障・損傷なく正常に機能する商品を購入店に返品しようとした際、購入店が返品を拒否した場合に限り、購入日から90日以内であれば購入金額の返却を受けれます。
1商品につき最高3万円。
年間最高15万円。
要商品返却。
キャンセル・プロテクション 突然の病気や怪我、急な出張などを理由に予約していた旅行をキャンセルしたり、チケットを購入済みのコンサートに行けなくなった場合、キャンセル費用などの損害を補償。
同行予定だった配偶者の分も補償されます。
年間最高補償額は10万円(キャンセル事由により補償額は変わります)。
自己負担額は1,000円又はキャンセル費用の10%相当額。

旅行好きの方だと、キャンセル・プロテクションにお世話になる場合があるかもしれませんね。

その他の付帯サービスの比較

ポイントやマイル、保険以外の付帯サービスも見ておきましょう。

ANAアメックスカードとANAアメックスゴールドに共通している付帯サービスは以下の通りです。

その他の共通する付帯サービスの比較
券種 ANA AMEXカード ANA AMEXゴールド
空港ラウンジ
サービス
国内外30ヶ所の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用できます。
手荷物無料宅配サービス 海外旅行からの帰国時、スーツケース1個を空港から自宅まで無料で配達します。
対象空港=成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港
海外旅行の際、スーツケース1個を自宅から空港までと空港から自宅まで無料で配達します。
対象空港=成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港
空港パーキング 空港周辺のアクセス良好な場所で、旅行中に車を安全かつ低価格で預かってもらえます。
SKiPサービス ANA国内線を利用の場合、事前にスキップ予約(予約・購入・座席指定)を済ませておけば、空港での搭乗手続きが不要になります。
空港クローク
サービス
乗継便の待ち時間などに、空港内手荷物預かり所にて荷物を2個まで無料で預かってもらえます。
対象空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港
アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン ホテル、レンタカー、国際線航空券のオンライン予約が可能なカード会員専用の旅行予約サイト。
カーシェアリングサービス カーシェアリングサービス「タイムズ カー プラス」の会員カード発行手数料が無料。
海外旅行先での日本語サポート 海外旅行先でのレストラン予約や医療機関の紹介などのサポートを受けれます。電話対応は日本語なので安心。
海外用レンタル携帯電話 海外用レンタル携帯電話をレンタル料半額、通話料も通常の10%割引で利用可能。
対象空港=成田国際空港、関西国際空港
トラベル・サービス・ロケーション 世界中のサービス拠点で旅のサポートを受けれます。
レンタカーの国内利用 指定のレンタカー会社でのレンタカー利用が国内に限り基本料金5%割引。
アメリカン・エキスプレス・セレクト ショッピング、旅行、食事など、国内外のアメリカン・エキスプレスの加盟店が提供する多彩な特典を利用できます。
アメリカン・エキスプレス・コネクト カード会員限定の優待特典、キャンペーン情報などを閲覧できるウェブサイト「アメリカン・エキスプレス・コネクト」が用意されています。
ダイニング・
トレンド
最新トレンドから会員特典まで掲載された「食」のポータルサイトです。
チケット・アクセス e+(イープラス)との提携により、アメリカン・エキスプレスのカード会員限定で、様々なエンターテインメントのチケットを先行販売します。

手荷物無料宅配サービスだけが両者でサービス内容が異なっています。

ANAアメックスカードは帰国時しか利用できませんが、ANAアメックスゴールドは出発時にも利用できます。行きの荷物が多い場合だとANAアメックスゴールドは便利です。でも、滞在期間が短めの海外旅行に行くことが多い方だと、荷物が少な目になるので、出発時の宅配サービスは必要ないかもしれませんね。


ANAアメックスゴールドだけの付帯サービスは以下の通りです。

ANA AMEXゴールドだけのその他の付帯サービス
優先チェックイン ANA国際線エコノミークラスを利用の際でも、ビジネスクラス専用カウンターを利用できます。
エアポート送迎サービス 海外旅行の出発・帰国時に提携タクシー会社の車をカード会員専用でチャーターし、利用可能地域内の指定の場所から空港間の送迎を割安の定額料金にて提供。
対象空港
  • 成田国際空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港
H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク 大手旅行会社のH.I.Sが運営する「H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク」に電話1本で海外・国内の旅行の手配を依頼できます。
エアポート・ミール(国内線) H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクで本特典の対象となる国内線航空券を購入すると、羽田・伊丹空港内の対象飲食店にて搭乗当日に利用できるエアポート・ミール・クーポン(1,000円相当分)がもらえます。
京都観光
ラウンジ
京都市東山区の圓徳院でカードを提示すると、お茶の接待を受けれます。
ゴールド・
ワインクラブ
ワインに関する様々なサービスをゴールド・カード会員限定で提供。

海外出張が多い方にとっては、優先チェックインはありがたいサービスですね。また、国内線利用が多い方も、空港の飲食店で使える1,000円分相当のクーポンがもらえるので、航空機の待ち時間を有意義に使えます。

京都旅行によく行く方なら、京都観光ラウンジに立ち寄るのも良いですね。

家族カードの比較

ANAアメックスカードもANAアメックスゴールドも家族カードを追加できます。

家族カードの比較
券種 ANA AMEXカード ANA AMEXゴールド
家族カード 2,500円(税別) 15,500円(税別)

年会費は、ANAアメックスカードが2,500円(税別)とANAアメックスゴールドの15,500円(税別)よりも格段に安くなっています。何枚も家族カードを持つ場合は、ANAアメックスゴールドがリーズナブルで助かりますね。

まとめ

ANAアメックスカードとANAアメックスゴールドのどちらに申込むかについては、まず海外旅行に行く頻度が多いか少ないかを確認することが重要です。

ANAアメックスゴールドには、海外旅行時に便利なサービスが多く付帯していますから、頻繁に海外旅行に出かけるのなら、こちらを選ぶことをおすすめします。

逆に1年に1回も海外旅行に出かけない方だと、ANAアメックスゴールドは、高額な年会費に見合ったサービスを受けれません。こういう方は、ANAアメックスゴールドは、宝の持ち腐れになってしまいますから、ANAアメックスカードに申込んだ方が良いです。

また、そもそも、ANAにも1年に1回か2回しか搭乗しないなら、ANAカードを持つメリットはほとんどありません。こういう方は、スカイ・トラベラーの申込みを検討することをおすすめします。