HOME > 三井住友VISAカード >

 

三井住友VISAカードは「カードご利用代金WEB明細書サービス」の利用だけで年会費割引

三井住友VISAカードは、毎月のカード利用明細が郵送されますが、これをインターネット上で確認する「カードご利用代金WEB明細書サービス」に切り替えると、年会費が割引になります。

クラシックカードは500円(税別)割引

カードご利用代金WEB明細書サービスは、次回支払い金額が確定するとメールが送信され、パソコンや携帯電話で明細を確認できるサービスです。

確認できる内容は基本的に紙の明細と同じなので、毎月のカード利用額がいくらかを知るのに紙の明細と比較して不都合が発生することはありません。

カードご利用代金WEB明細書サービスは、パソコンから三井住友VISAカードのホームページにアクセスしVpassにログインして、カードご利用代金WEB明細書サービスを選択するだけです。Vpassに登録していない場合には、最初にVpassに登録する必要があります。

これだけの手続きで、クラシックカードであれば500円(税別)が割引になります。クラシックカードの年会費が1,250円(税別)ですから割引率は40%ですね。

プラチナカード、ゴールドカード、プライムゴールドカードの会員の方だと1,000円(税別)割引です。上位カードを持っている方ほど、割引額がお得になるので積極的にカードご利用代金WEB明細書サービスに登録しておきましょう。

年間6回以上の請求が条件

カードご利用代金WEB明細書サービスは、三井住友カードの会員であれば、ほとんどの場合で申込みできます。ただし、年間のカード利用回数が少ない場合には、登録できません。

登録条件は、過去1年間にカード利用代金の請求が6回以上ある会員ですから、2ヶ月に1回以上三井住友カードで買い物などの支払いをしている方ならカードご利用代金WEB明細書サービスを利用できます。

普段、あまりクレジットカードを使わない方でも、毎月の公共料金の支払いをカード決済に変更する等の工夫をすれば、登録条件は簡単にクリアできます。携帯電話の料金など特定の支払いをクレジットカードで行うといった方法でも良いでしょう。

紙の明細が必要な場合は印刷できる

カードご利用代金WEB明細書サービスの利用を開始した後に紙の明細が必要になった場合には、Vpassにログインして解除手続きを行えば、紙の明細が郵送されるようになります。

また、WEB明細書は印刷ページも用意されていますから自宅のプリンタでプリントアウト可能です。明細データのダウンロードもできるので、プリントアウトせずにデータを保存することも可能です。

紙の明細が郵送されなくても、パソコンや携帯電話からカード利用額の確認ができますし、必要ならWEB明細書の印刷やデータのダウンロードが可能なので、カードご利用代金WEB明細書サービスに切り替えて不都合が生じることは滅多にないでしょう。