HOME >

 

三井住友VISAカードは社会人が最初に持つクレジットカードとしておすすめ

社会人になって初めてクレジットカードを作る場合、最も重視したいのが、多くのお店で利用できることです。

そして、国内外で最も利用できるお店が多い国際ブランドがVISAです。したがって、社会人になって初めてクレジットカードの申込みをする場合、VISAブランドのクレジットカードを選ぶのが無難です。

ただ、VISAブランドのクレジットカードは多くあります。だから、最初に持つクレジットカードをVISAブランドに決定したとしても、どのクレジットカードを選ぶべきか迷うはずです。

そこで、社会人になって初めて作るクレジットカードをVISAブランドにするのなら、三井住友VISAカードをおすすめします。

日本初のVISAカード

三井住友VISAカードは、1980年に住友VISAカードとして誕生した日本初のVISAブランドのクレジットカードです。したがって、現在、日本で発行されているVISAカードの中で最も歴史があるのが三井住友VISAカードなのです。

歴史があるということは、長期間に渡ってサービスを提供しているということなので、安心と安全性では三井住友VISAカードはトップクラスと言えます。

せっかくクレジットカードを作ったのにカード発行会社の倒産で、そのカードに付帯していたサービスが全く利用できなくなっては意味がありません。だからこそ、最初に作るクレジットカードは、スーパーなどがカード会社と提携して発行する提携カードよりもプロパーカードの方が安心です。そして、三井住友VISAカードが国内のVISAブランドのプロパーカードなので、社会人になって最初に持つクレジットカードとしておすすめなのです。

高いセキュリティ

三井住友VISAカードは、セキュリティ面でも優れています。カードには偽造が難しいICチップを内蔵しているので、不正利用がしにくくなっています。また24時間365日、クレジットカードの不正利用をチェックしているので、万が一、他人がカードホルダーに成りすましてクレジットカードを使用した場合でも、速やかに検知できます。

インターネットショッピングでも、パスワードによる本人確認が行われるので安全性が高くなっています。

クレジットカードの紛失、盗難時にはオートコレクトコールでオペレーターが24時間年中無休で受付していますから、被害を未然に防止できます。

インビテーションで上位カードへグレードアップ

プロパーカードのメリットとしてよく挙げられるのが、インビテーション(招待制)です。

インビテーションは、クレジットカードをコツコツと利用してクレジットヒストリーを積み上げていくと、現在持っているクレジットカードよりもグレードの高いクレジットカードへの切り替えの案内が届くことです。

一般的なクレジットカードからゴールドカードへ、ゴールドカードからプラチナカードへと、1枚のクレジットカードを時間をかけて育てていけるのが、プロパーカードの大きなメリットと言えるでしょう。

提携カードには、ゴールドカードやプラチナカードがない場合が多いので、将来的にグレードの高いカードを持ちたいのであればプロパーカードを選ぶべきです。そして、三井住友VISAカードにもインビテーションがありますので、一般的なクラシックカードを育てていくことで、ゴールドカード、プラチナカードへとグレードアップが可能です。

ただし、インビテーションが届いたからと言っても審査があるので、必ず上位のクレジットカードに切り替えできるわけではありません。

充実の保険

提携カードだと、保険が付帯していないものが多いのですが、三井住友VISAカードには、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険など、各種保険が付帯しています。

付帯している保険はクレジットカードによって異なりますが、ショッピング補償は多くのカードに付帯しています。


クレジットカードは、人によって異なりますが、何枚も保有できるわけではありません。だからこそ、最初に作るクレジットカードは、三井住友VISAカードのように信頼性と安全性が高いプロパーカードを選ぶのが無難です。

三井住友VISAカードのラインナップ

三井住友VISAカード活用術