HOME > 三井住友VISAカード >

 

ワールドプレゼントポイントをiDバリューに交換すれば電子マネーのキャッシュバックを受けれる

三井住友VISAカードには、ワールドプレゼントと呼ばれるポイントプログラムが付帯しています。ワールドプレゼントポイントは1,000円(税込)のクレジットカード利用ごとに1ポイント還元されます。貯まったポイントは商品との交換、他社ポイントへの移行、キャッシュバックなどに利用できます。

ポイントをキャッシュバックに利用した場合、1ポイントを3円で換算します。ところが、ポイントをiDバリューに交換してキャッシュバックを受けた場合、1ポイントを5円で換算するので、こちらの方がお得です。

三井住友カード iDの会員が対象

ワールドプレゼントポイントをiDバリューに交換するためには、三井住友カード iDの会員になっていなければなりません。

三井住友カード iDは、三井住友カードが発行している後払い式(ポストペイ)の電子マネーで、三井住友VISAカードの申し込み時に追加できます。三井住友カード iDには、専用カード、クレジットカードとの一体型、ドコモのおサイフケータイの3種類があります。

なお、三井住友カード iDを利用して買い物をした場合にも、三井住友VISAカードで買い物をした場合と同じようにワールドプレゼントポイントを獲得できます。

200ポイント以上100ポイント単位で交換できる

ワールドプレゼントポイントは、200ポイント以上100ポイント単位で、iDバリューに移行できます。したがって、200ポイントを移行した場合、1,000円分のキャッシュバックとなります。

キャッシュバックは、三井住友カード iDの利用額に対してです。今月にキャッシュバックを申請した場合、翌月のiD利用額の支払分に充当できます。例えば、三井住友カード iDの利用額が3,000円でiDバリューの残高が1,000円分だった場合には、iDバリュー1,000円分を差し引いた2,000円を支払うことになります。

iDバリューの繰越は3ヶ月

iDバリューは、最大で3ヶ月間繰越可能です。

今月の三井住友カード iDの利用額が少なくて、iDバリュー残高の方が多い場合には、三井住友カード iDの利用額に充当後に残ったiDバリューは翌月に繰り越せます。

3ヶ月経過後にiDバリューの残高がある場合には、iDバリュー1ポイントを3円換算でクレジットカード(VISA/MasterCard)の利用代金に充当または預金口座に返金されます。したがって、有効期限が過ぎた場合でもポイントは無駄になりません。

ただし、有効期限後に1ポイント=3円でのキャッシュバックを受けれるのは、ワールドプレゼントポイントから移行したiDバリューだけです。他社ポイントやマイルから交換したiDバリューは3ヶ月経過すると失効します。

ワールドプレゼントから移行できないことがある

ワールドプレゼントポイントは、200ポイント以上100ポイント単位でiDバリューに移行できますが、例外的に移行できない場合があります。

それは、ワールドプレゼントポイントから移行したiDバリュー(ワールドプレゼント iDバリュー)の残高がある場合です。この場合には、三井住友カード iDで積極的に買い物をすれば、ワールドプレゼント iDバリューを速やかに消化できます。また、日頃から三井住友カード iDを利用できるお店で買い物をすれば、比較的早くiDバリューを消化できて、ワールドプレゼントポイントをiDバリューに移行しやすくなります。

なお、三井住友カード iD(専用カード・クレジット一体型)は連続して2年間iDの利用がない場合、有効期限更新時にiD機能が解除される場合があります。ワールドプレゼント iDバリュー交換申込後に更新カードのiD機能が解除された場合には、三井住友カード iDの利用代金にキャッシュバックされないので注意してください。