HOME > 三井住友VISAカード >

 

三井住友VISAカードは使うほどにボーナスポイントが貯まる

三井住友VISAカードには、ワールドプレゼントと呼ばれるポイントプログラムが付帯しています。ポイント還元率は1,000円(税込)のカード利用ごとに1ポイントです。1ポイントの価値は約5円なので、ポイント還元率は0.5%程度です。

プロパーカードのポイント還元率としては標準的ですが、提携カードと比較すると、若干見劣りします。でも、三井住友VISAカードには、1年間のカード利用額に応じてボーナスポイントが付与される仕組みになっていますから、クレジットカードを使うほどにポイント還元率が優遇されていきます。

年間利用額50万円(税込)以上でボーナスポイント

ボーナスポイントは、1年間のカード利用額に応じてV1、V2、V3と3段階のステージが設定されています。最も低いステージのV1は、年間カード利用額が50万円(税込)以上が条件となります。

ボーナスポイント獲得は、翌年度のカード利用額が基準になります。前年度のカード利用額50万円以上でV1になっても、翌年のカード利用額が少なければ、ボーナスポイントは一切付与されません。

ボーナスポイントが付与されるのは、ステージに関係なく、翌年のカード利用額が50万円以上の場合です。例えば、クラシックカードのV1なら、翌年のカード利用額が50万円に達したらボーナスポイントが50ポイントもらえます。50万円以降は10万円ごとに10ポイント加算です。プラチナカード、ゴールドカード、プライムゴールドのボーナスポイントは、他の三井住友VISAカードの2倍の還元率です。

三井住友プラチナカード/
ゴールドカード/
プライムゴールド
  • V1(前年度50万円以上)
    当年度50万円で100ポイント
    以降10万円ごとに20ポイント
  • V2(前年度100万円以上)
    当年度50万円で150ポイント
    以降10万円ごとに30ポイント
  • V3(前年度300万円以上)
    当年度50万円で300ポイント
    以降10万円ごとに60ポイント
上記以外の
カード
  • V1(前年度50万円以上)
    当年度50万円で50ポイント
    以降10万円ごとに10ポイント
  • V2(前年度100万円以上)
    当年度50万円で75ポイント
    以降10万円ごとに15ポイント
  • V3(前年度300万円以上)
    当年度50万円で150ポイント
    以降10万円ごとに30ポイント

ボーナスポイントを多く獲得するなら、ショッピング時は、できるだけ三井住友VISAカードで支払いをした方が良いでしょう。また、毎月の公共料金の支払いもカード払いに切り替えれば、より上のステージに上がりやすくなります。

ただ、V3に上がってもボーナスポイントの加算は、ゴールドカードの場合でも50万円のカード利用で300ポイントしかありません。ポイント還元率は0.3%の上乗せなので、通常の0.5%と合わせても0.8%です。

より多くのポイントを獲得しようと思うなら、ポイントアップモールの利用やプレミアムポイント加盟店でのクレジットカード払いも併用することをおすすめします。