HOME > 保険と補償 >

 

国内旅行傷害保険-手術保険金

国内旅行傷害保険付帯のクレジットカードには、手術保険金が補償されているものがあります。

国内旅行中の公共交通機関や航空機の事故、宿泊中の事故により傷害を被り、入院保険金が支給される場合で手術を受けた時に手術保険金が支払われます。

手術保険金は入院日額に一定の倍率を乗じた金額が支払われることが多いです。例えば、入院日額の10倍、20倍、40倍と計算されます。ただし、手術保険金が支払われる場合でも、1事故につき1回の手術までといったように上限が設定されていますので、複数回の手術が必要な場合に毎回手術保険金がもらえるわけではありません。

なお、手術保険金日額は、国内旅行傷害保険付帯のクレジットカードを複数枚持っていても合算されません。