HOME > 保険と補償 >

 

国内旅行傷害保険-入院保険金

国内旅行傷害保険付帯のクレジットカードには、国内旅行中の事故による怪我を原因に入院が必要になった時、入院保険金が補償されるものがあります。

入院保険金は、例えば5,000円/日といったように入院1日につきいくらといった形で決められていることが多いです。また、入金保険金が支給される場合でも、全入院期間分の保険金が降りるわけではありません。多くの場合は事故の日から180日限度となっています。

入院が必要な傷害を負った場合でも、入院期間が一定期間以下の場合には保険金が支払われないことがあります。例えば、事故の日から8日目以降の入院に対して保険金を支払うといった場合には、事故から7日以内の入院には保険金の支払いが行われません。

なお、入院保険金日額は、国内旅行傷害保険付帯のクレジットカードを複数枚持っていても合算されません。