HOME > 保険と補償 >

 

海外旅行傷害保険-携行品損害

海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードの中には、旅行期間中に携行する身の回り品が盗難に遭ったり、事故により故障した場合、その損害額を補償してくれるものがあります。

携行品損害の補償の対象は被保険者の所有物です。多くの場合、自己負担額が3,000円といった取り決めがあります。したがって、自己負担額以下の損害は補償されません。

また、補償額は時価または修理費用のいずれか低い額が限度とされます。補償最高額も1品につき10万円といったように上限が設けられている場合がほとんどです。1旅行中の限度額も決められていますので、携行品に発生した損害額の全てが補償されるとは限りません。

なお、携行品損害の補償は、保有しているクレジットカードの補償最高額を合算できます。