HOME > 不正利用対策 >

 

クレジットカード番号等の適切な管理をカード会社に要求し不正利用を防止

割賦販売法は、第35条の16第1項でカード会社にクレジットカード番号等の適切な管理を要求しています。

包括信用購入あつせん業者又は二月払購入あつせんを業とする者(以下「クレジットカード等購入あつせん業者」という。)は、経済産業省令で定める基準に従い、その取り扱うクレジットカード番号等(クレジットカード等購入あつせん業者が、その業務上利用者に付与する第二条第三項第一号の番号、記号その他の符号をいう。以下同じ。)の漏えい、滅失又はき損の防止その他のクレジットカード番号等の適切な管理のために必要な措置を講じなければならない。

カード番号の漏えいを防止

近年、個人情報がインターネットを介して漏えいする事件が起こるようになっています。インターネットを使って多くの個人情報を保有している企業のサーバーに侵入して、それらを盗み出します。何事も起こらないことがありますが、個人情報が漏れたことで経済的不利益を受ける被害も報告されていますから、企業に個人情報の取り扱いに注意するよう法令で規定するようになりました。

特にクレジットカード情報が漏れると、本人に成りすましてネットショップなどで高額な買い物をされてしまうといった被害に発展しやすいので、割賦販売法でカード会社にクレジットカード番号等の適切な管理を要求しています。

クレジットカードの利用明細を必ず確認する

割賦販売法で規定されるまでもなく、カード会社はカードホルダーの個人情報の管理には十分に注意を払っています。カード会社の信用に関わることですから、これが疎かになっていると、カード会社の売上や利益に悪い影響が出ます。

しかし、カード会社がどんなに厳しい対策をしても、絶対に会員の個人情報が外部に漏れないとは言い切れません。だから、カードホルダーは、クレジットカードの不正利用がないかを常に確かめなければなりません。

不正利用の有無を確認する方法は難しくありません。クレジットカードで買い物をした時に送られてくる利用明細を確認するだけです。利用明細に身に覚えのないカード利用が記載されていれば不正利用の可能性があるので、すぐにカード会社に問合せしましょう。

クレジットカード番号は加盟店から漏れることもある

カード会社にクレジットカード番号の適切な管理を義務付けても、クレジットカード番号の漏えいは起こります。

その原因の一つは、加盟店からのクレジットカード番号の流出です。ネットショップを運営している加盟店であれば、ハッキングによってクレジットカード番号だけでなく会員の個人情報も盗まれる危険があります。したがって、どんなにカード会社に厳しい義務を課しても、加盟店からの情報漏えいを防げないことを理解しましょう。