HOME > 国際ブランド >

 

クレジットカードのオンアス取引

一つのカード会社が、カード発行業務を行うイシュアと加盟店管理を行うアクワイアラーを兼ねていることがあります。このようなクレジットカードの取引形態をオンアス取引といいます。

カード会社は、お店と加盟店契約を結ぶとともにカード会員にクレジットカードを発行します。カード会員は、カード会社発行のクレジットカードを使って加盟店で買い物をします。加盟店は、クレジットカードでの買い物代金をカード会社から受け取ります。

オンアス取引

オンアス取引では、一つのカード会社が、カード会員を募集し加盟店の開拓を行わなければなりません。

しかし、1社だけで多くの加盟店を開拓することには限界があります。また、加盟店が少なければ、そのクレジットカードに大した魅力がないので、カード会員を増やすのも難しくなります。