HOME > クレジットカードを申込む前に >

 

クレジットカードは加盟店数が多い国際ブランドを選ぶ

クレジットカードには、JCB、VISA、MasterCard、アメリカン・エキスプレス・カード(AEMX)といった国際ブランドがあります。

国際ブランドは、簡単に言うとクレジットカードの決済ネットワークのことです。JCBであればJCBの決済ネットワークが利用されます。VISAやAMEXも、それぞれの決済ネットワークを持っています。

世界的に加盟店が多いのはVISA

国際ブランドの中で、最も加盟店が多いのがVISAです。世界の多くの国のお店が加盟店になっているので、国内だけでなく海外でもクレジットカードを利用しやすいのがVISAのメリットです。

したがって、初めてクレジットカードを作る場合には、こだわりがなければVISAを選んでおくのが無難です。

国内利用ならJCB

海外に行く機会がほとんどないという方ならJCBを選ぶのがおすすめです。

JCBは、日本で唯一の国際ブランドで、サービスのきめ細かさに定評があります。また、日本のクレジットカードが使えるお店なら、まずJCBが使えないというところはありません。国内でJCBのクレジットカードが使えないお店は、集客面で不利になりますから、どのお店のレジもクレジットカードに対応する場合、JCBを外すことは考えにくいです。