HOME >

 

アメリカン・エキスプレス・カードはステータスとトラベル重視の方におすすめ

最近では、買い物での利便性やお得感からクレジットカードを持つ人が増えていますが、一昔前まではクレジットカードを持つことは一種のステータスでした。

現在でも、ゴールドカードやプラチナカードなどの上位カードは、カードホルダーのステータスを高く見せてくれます。ただ、ゴールドカードであってもスーパーやデパートなどの提携カードの場合は、ステータスの面でやや劣ると感じる方も多いです。

今も昔も、ステータス重視で持ちたいクレジットカードとして人気なのが、アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスカード)です。他のカード会社などとの提携カードではなく、アメックスのプロパーカードを持っていると、プライベートでもビジネスシーンでも一目置かれること間違いなし。アメックスを持っている上司に憧れ、いずれは自分もと考えている方も、きっと多いことでしょう。

アメックスの歴史

アメリカン・エキスプレスは、1850年に米国ニューヨーク州で創立しました。その3年後に浦賀にペリーが来航したので、アメリカン・エキスプレスは日本の江戸時代から現在まで存続していることになります。この長い歴史も、ステータスを重視する方がアメックスカードを選ぶ理由の一つです。

アメリカン・エキスプレスは、運輸業として郵便為替を開発し、トラベラーズチェックの発行も行っていました。現在ではサービスを終了していますが、トラベラーズチェックの発行は世界最大規模で、どこに旅行に出かけても使える便利さと安心感が高い評価を受けていました。

旅行にも強いクレジットカード

アメックスカードは、その高いステータスだけでなく、旅行中でも安心のサービスを受けれる特徴があります。

空港ラウンジサービス、自宅と空港間のスーツケースの宅配サービス、カード盗難時の緊急再発行、海外で購入した商品の万一の事故による損害を補償するショッピングプロテクション、旅行傷害保険など、仕事やプライベートで旅行する機会が多い方に安心のサービスを提供しています。

加盟店数も国内最大規模

一昔前までは、アメックスカードが使えるお店がVISAやMasterCardと比較して少なく、利用場面が限定されるという印象がありました。

しかし、現在ではJCBと加盟店業務で提携していることから、国内でアメックスカードが使えるお店が急速に増えています。JCBは我が国初のクレジットカードの国際ブランドなので、日本国内でのカード利用はJCBが最も多くなっています。したがって、カード決済を導入するお店はJCBと加盟店契約を結ぶことが必須と言えますし、そのJCBと業務提携しているアメックスと加盟店契約を結ぶのは必然の流れと言えるでしょう。

初めて持つにはハードルが高い

アメリカン・エキスプレス・カードは、そのステータスの高さから他のクレジットカードよりもカード申し込みの審査が厳しいとされています。

20歳以上から申し込みはできますが、パートやアルバイトの方では持つことはできません。安定収入があること、つまり、定職についていることがカード発行の条件です。他のクレジットカードでも、安定収入があることがカード発行の条件となっていることが多いですが、アメックスの場合は他のカード会社よりも審査基準が厳しめと言われています。

社会人になって日が浅い方だと、アメックスカードの申込みをしても審査に通らない可能性があり、初めて作るクレジットカードとしてはハードルが高めです。

アメリカン・エキスプレス・カードのラインナップ

アメリカン・エキスプレス・カード活用術